「森の中で創る。Lab」がオープン

2020年4月18日 10:00 AM

レーザー加工機で作ったキーホルダー


 みどり市の地域おこし協力隊として3月まで活動した馬場生さんが1日、地元の木材を使いものづくりが体験できる工房「森の中で創る。Lab(ラボ)」を、みどり市東町沢入にオープンした。レーザー加工機を使ったキーホルダーづくりなどが体験できる。
 馬場さんは17年4月から同市の地域おこし協力隊として、林業・木工業振興に取り組んできた。市内で地域材や端材、間伐材の有効利用立案などを行いながら、地域材加工センターや木工所で技術を身に付けた。
 ものづくりが好きで東京・神奈川で半導体のエンジニアとして働いていた馬場さん。キャリアを重ねるごとにマネジメントの仕事が増え、好きなものづくりに時間が取れない環境が続いた。「生き方を変えたい」と考え、いろいろな情報を集める中で地域おこし協力隊の存在を知った。
 ものづくりのほかに・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る