オフィスの防災対策に注力【イシダ】

2019年12月14日 12:00 PM

オフィスの収納庫に備蓄品を入れた「パーツフィット」

 
 事務用品、事務機器、オフィス家具販売のイシダ(高崎市末広町、石田剛久社長)は1日、オフィスなどの防災力強化に向けた事業を始めた。企業の災害対応力強化につなげてもらうのが狙い。各種防災情報を提供するとともに、備蓄品など防災商材の提案、避難動線確保のためのレイアウト変更などを図っていく。
 災害が比較的少ないとされる群馬県内でも、台風による甚大な被害が発生し、同社の取引先でも浸水被害が出る中、多くの時間を過ごす事務所での防災意識向上が不可欠と判断、新事業をスタートすることとした。
 同社の・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る