定期購読のお申し込みはこちらから

2009年2月19日(1621号)
Top News 国内初の「スタインウェイセンター」【ピアノプラザ群馬】
 楽器販売などを手掛けるピアノプラザ群馬(高崎市問屋町西1−3−10、中森隆利社長027〜363〜1262)は4月初旬、高崎本店敷地内に国内初の「スタインウェイセンター」を開設する。世界最高峰のピアノといわれる「スタインウェイ」と姉妹ブランド約50台を展示・販売する。製造方法や素材などの詳細を映像や実物部品などを通じて触れるコーナーも開設、定期的にセミナーを開催していく。同センターの初年度売り上げ見込みは2億2000万円。同社では「ベヒシュタイン」「ベーゼンドルファー」など『世界ピアノ四大メーカー』も扱っており「こうした店舗も国内唯一」(中森社長)という。

News Selection
◆2面:全館リニューアルオープン【前橋サンホテル】
 ひと・コミュニケーションズ(本社・前橋市平和町、小池進社長)が経営する「前橋サンホテル」(同市三河町、027〜224〜3900)が17日、全館リニューアルオープンした。客室の机、ベッドなどの家具類をすべてオリジナルにして使い勝手を追求したほか「日本のビジネスホテルではおそらく初めてだろう」(小池社長)というコンシェルジュ(内田裕美さん)を配置した。一連のリニューアルにより客室稼働率70%超を目指す。

◆9面:工場内にエアシャワー設置【サンレジン】
 プラスチック射出成形のサンレジン(北群馬郡榛東村新井526−1、諸田康彦社長0279〜54〜7514)は来月、自社工場内にエアシャワールームを開設するなど、クリーンルーム環境を強化する。同社は現在、高い意匠性が求められる化粧品関連分野を主力としており、これまでも工場内のクリーンルーム化を推進してきたが、要求精度は年々高まっており、さらなる優位性を求め対応を加速。また、印刷工程の内製化なども計画しており、現在、一部にとどまっている医療機器関連部品などの新規受注に結び付けていく方針だ。

◆10面:高崎でドミナント形成【ヤオコー】
 関東地区で食品スーパーをチェーン展開するヤオコー(埼玉県川越市、川野清巳社長)は20日、NSC(近隣型ショッピングセンター)タイプの「ヤオコー高崎高関店」(高崎市高関町297)を開業する。出店地から北約3キロの「同高崎井野店」、北西約2・5キロの「同高崎飯塚店」とともに、3店舗によるドミナント(地域集中出店)エリアを形成。年商17億円を見込んでいる。
◆2面(食品・観光):北関東初の団体営業所【H.I.S.】
◆3面(医療・福祉):民家活用し低料金で【茶話本舗デイサービス】
◆6面(建設・開発):ぐんま長寿命住宅協同組合が発足
◆7面(総合):介護事業に参入【フジ建装】
◆8面(東毛):354国道沿線に2支店開設【桐生信用金庫】
◆9面(製造・ソフト):販路拡大に準備着々【「あまから」自慢のいせさきもんじゃ】
◆10面(流通・サービス):大型美容室をオープン【アルピナ】
◆『新風〜未来を作るリーダー』 「富士食品工業取締役部長」 高橋将さん
◆社長訪問 「森川工業所」 川上茂子さん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.