定期購読のお申し込みはこちらから

2009年1月22日(1617号)
Top News アウトレットモールにぎわい
 世界同時不況を尻目に高級ブランド品が割安価格で購入できるアウトレットモールがにぎわいを見せている。昨年は新規開業が相次いだほか、本県からの来場者も多いプリンスホテル(本社・東京都)が運営する「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」(長野県北佐久郡軽井沢町、柳沢和良総支配人)とチェルシージャパン(本社・東京都)が運営する「佐野プレミアム・アウトレット」(栃木県佐野市)も大幅増床した。両施設とも増床後、順調に推移しており、新年に入ってからも前年同期比二桁増の売り上げを記録した。

News Selection
◆1面:太田に食品生産拠点【サッポロホールディングス】
 サッポロホールディングス(東京都渋谷区、村上隆男社長)グループで食品製造販売を手掛けるサッポロファインフーズ(東京都渋谷区、酒見謙三社長)は、サッポロビール群馬工場(太田市世良田町)敷地内に関東工場を設置、このほど第1弾商品として油で揚げないポテトチップス「サッポロ ポテかるっ」の本格生産を開始した。同グループ初のスナック菓子参入で、初年度8億円の販売を目指している。

◆6面:民間マンションを市営住宅に【太田市】
 太田市は、民間企業が建設中の中心市街地のマンションを借りて、市営住宅として使う新たな試みを09年度から始める。3月定例市議会に賃貸料などを盛り込んだ09年度予算案を上程する予定。中心市街地の定住人口の増加が見込まれることから、市営住宅が中心市街地を元気づけるきっかけとなるか注目される。

◆10面:食品催事が好調【県内百貨店】
 衣料品を中心に苦戦が続く百貨店にあってスズラン百貨店高崎店(高崎市宮元町、渋沢彰一店長)と高崎高島屋(高崎市旭町、宇都宮優子社長)では食品催事をはじめ食品の売り上げが好調だ。高崎高島屋では今年最初の食品催事が前年比7%増を記録した。消費者の「美味」に対する欲望は世界不況も関係ないようだ。
◆2面(食品・観光):足湯完成でグランドオープン【小野上温泉さちの湯】
◆3面(医療・福祉):多重債務相談会を追加開催【県】
◆6面(建設・開発):けやきウォーク内に出店【エコライフプラン】
◆7面(総合):大学、病院セミナーに軸足【イマージュ・クボタ】
◆8面(東毛):マグネシウム陽極酸化技術を開発【ウエスタン塗装始】
◆9面(製造・ソフト):省力化装置開発に注力【藤田デバイス】
◆10面(流通・サービス):高機能ゴルフシミュレーター販売【ヤマダ電機】
◆社長訪問 「カフェ ドローム」 吉澤あゆみさん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.