定期購読のお申し込みはこちらから

2008年12月18日(1613号)
Top News 【2008年】ぐん経が選んだ県内経済10大ニュース
 「群馬」と「経済」を選考基準に、各分野の担当記者全員による投票で決定する「ぐん経10大ニュース」。2008年のトップは「井上工業の破産」。2位が「原油高」、3位が「ヤマダ電機関連」という結果となった。世界的な株価下落や金融危機、国内景気の減速などを反映してか、上位に暗い話題が多かった。来年も厳しい1年が予想されるが、県内経済の活性化につながる記事の充実に努めていきたい。

News Selection
◆1面:民間事業者の参入厳しく【県が公募した指定管理22施設】
 県は、今年度末で指定管理期間が終了する22施設について、公募により指定管理者候補者の選定作業を実施。このほど内定した候補者は現在とほぼ同じで、県が関わる公益法人が大半を占めた。一方、民間事業者の指定管理者は減少する。落選した民間事業者からは「県の選考姿勢がよく分からない。民間開放するといっても、参入しにくい」との声が出ている。

◆2面:日帰り温泉「ゆまーる」オープン【IRGロジスティクス】
 運輸・倉庫業のアイアールジーロジスティクス(関徹也社長)は温浴事業部を立ち上げ16日、日帰り温泉施設「天然温泉伊勢崎ゆまーる」(伊勢崎市太田町985−1、0270〜75〜4126)を開業した。源泉掛け流しの露天風呂や炭酸泉の円形風呂、県内初という新タイプの岩盤浴などを特徴に集客を図る。開設地はフレッセイの手掛けるショッピングセンター「フォリオ安堀」のそば。建物は3階建てで、延べ床面積約2500平方メートル。駐車スペースは施設周辺に合計180台分を用意した。

◆9面:中小でも手軽にISMS【テンアンドテン】
 システム開発を手掛けるテンアンドテン(高崎市八島町110−6、佐々木保雄社長027〜395〜4200)はこのほど、中小企業でも手軽に、情報セキュリティマネジメントの国際規格「ISO27001(ISMS)」の取得に取り組めるアプリケーションシステムを開発した。自社制作した入門CD書籍とセットで提供していくもので、初期費用は書籍代(CD−R)の5000円のみとコンサルティングなどと比較すると格段に低価格なのが特徴だ。内部監査ツールも開発済みで導入時だけでなく、運用後のサポートまで、インターネットを通じた同規格にまつわるサービスを展開していく方針だ。
◆2面(食品・観光):「吟蒸し饅頭」発売【錦光堂】
◆3面(医療・福祉):高崎に訪問介護ステーション【県介護協会】
◆6面(建設・開発):家庭用の太陽光発電、年明けから補助金再開
◆7面(総合):ショールーム開設【住友不動産ハウジング事業本部群馬第二支店】
◆8面(東毛):効果的な整理収納法指導【Happy Smile】
◆9面(製造・ソフト):炭化水素系剤で脱脂【森川工業所】
◆10面(流通・サービス):NPOで学会県内誘致【群馬コングレスサポート】
◆社長訪問 「メディアコマース」 萩原稔さん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.