定期購読のお申し込みはこちらから

2008年11月13日(1608号)
Top News 県内専門学校初の「日本語学科」
              【中央情報経理専門学校高崎校】
 中央総合学院グループ(本部・前橋市古市町、中島利郎理事長)の中央情報経理専門学校高崎校(高崎市栄町13−2、萩野逸郎学校長027〜324〜8511)は09年4月、県内の専門学校としては初となる留学生を受け入れる「日本語学科」を開設する。卒業後は、同グループが持つ7校の専門学校への再入学を勧め、専門的技能・技術を習得してもらう。今後、さらに少子高齢化が加速すれば労働力不足が一層深刻化するだけに同様の動きが他の専門学校に波及するか注目される。

News Selection
◆2面:新業態「和カフェ」オープン【モテナ】
 和食店を手掛けるモテナ(前橋市住吉町2−3−18、関口大樹社長027〜235〜5933)は20日、新業態となる「和カフェ水京香(すいきょうか)」を、同日開業する県内最大級のショッピングセンター(SC)「スマーク」(伊勢崎市西小保方町)内にオープンする。和テテーストの落ち着いた内装や「大学芋(いも)」「ひつまぶし」などのメニューを特徴に集客を図る。同店の動向を踏まえ多店舗化も検討していく。

◆7面:タクシー送迎プラン導入【ドゥ・スポーツプラザ】
 ドゥ・スポーツプラザ高崎(高崎市昭和町204、竹口仁支配人027〜328〜7430)は12月から、タクシー業の榛名観光(高崎市並榎町、久保田廣子社長)と連携し、子供会員を対象にしたタクシー送迎プランを導入する。会員の自宅玄関前までの送迎を基本としており、同社によると、全国のスポーツクラブで同様のシステムを採用したケースは2例目という。保護者の負担軽減に加え、安心安全を売りにした新プランで会員の増大を目指す。

◆10面:5施設から選び挙式写真【写真の森】
 営業写真館の写真の森(前橋市元総社町2−31−34、瀧野照大社長027〜254〜4151)はこのほど、教会やテラスなどを貸し切り、2人だけの「結婚式」を写真撮影しアルバムにまとめる新事業「OZ(オズ)物語」を拡充した。撮影できる施設を従来の前橋市内の1カ所から、前橋・伊勢崎市内の5カ所に増やした。これにより利用者は会場の雰囲気や自宅からの距離などを考慮し好みの場所で撮影できるようになった。
◆2面(食品・観光):セットメニュー60種【寿司うどん風間】
◆3面(医療・福祉):保育園に小規模多機能併設【城東会】
◆6面(建設・開発):「子育てマンション」年内完成【穴吹工務店】
◆7面(総合):心落ち着く快適空間【畳屋小菅】
◆8面(東毛):土浦市に大型施設オープン【とりせん】
◆9面(製造・ソフト):NC複合旋盤でスロッティング加工【小間工業】
◆10面(流通・サービス):佐波東地区に初出店【フレッセイ】
◆社長訪問 「佐藤工業所」 伊藤英明さん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.