定期購読のお申し込みはこちらから

2008年04月10日(1579号)
Top News 新年度スタート
各地で入社式、入行式
 新年度がスタート。1日を中心に県内各地の企業や金融機関、官公庁などで入社式、入行式、入庁式が行われた。真新しいスーツに身を包んだ新社会人は、期待を胸に真剣な表情で式に臨んだ。昨年、食品偽装や性能偽装など企業の不祥事が相次いだためか、「顧客第一主義」を、はなむけの言葉として送る組織トップが目立った。

News Selection
◆3面:介護福祉の専門学校開設
 社会人向けに福祉・介護関連の資格講座を開いている藤仁館学園(経営・プログレ総合研究所、高崎市寺尾町174−1、佐藤律夫社長027〜324〜7908)は学校法人の認可を得て、4月から専門学校の運営を開始した。2012年に予定される介護福祉士の国家試験義務化を見据えた動きで、これまで培ってきたノウハウを生かし、即戦力となる人材の育成を図る。卒業後もステップアップ研修や関連資格の養成講座を提供し、長期間にわたるキャリア形成を支援していく。

◆11面:企画・販社を設立【シンコー技研】
 環境機器ベンチャーのシンコー技研(太田市大久保町124−2、石栗幸博社長0277〜79〜0855)は4月1日、企画・販社となる子会社「シンコーソリューションズ」(太田市大久保町88−10277〜78〜0881、早川稔社長)を設立した。同社は「工場環境の改善」を切り口に、電気集じん機や金属洗浄向けのアルカリ電解水製造装置などのほか、今年入ってからは切削油の長寿命化装置を商品化するなど事業領域を拡大。販社設立により、営業力を強化する一方、製造現場の環境改善ニーズを吸い上げ、新たな商品開発に生かす方針で、3年後にはソリューションズで30億円の売り上げを見込んでいる。

◆12面:ラドン温熱施設を展開【CIC】
 衛生関連機器の販売などを手掛けるCIC(高崎市西島町49−4、安藤洋平社長027〜352〜3901)はこのほど、ラドンと遠赤外線を利用した温熱施設の展開に乗り出した。今後、直営、FC(フランチャイズチェーン)での出店とともに、全国に代理店網を構築し温熱ルーム(ユニット式低温サウナ)の販売も進める方針。
◆2面(食品・観光):高崎倉賀野に3号店【カルチャー】
◆3面(医療・福祉):家庭支援ハンドブックが好評【ぺぱーみんとかんぱにー】
◆8面(建設・開発):古紙原料の断熱材【石田屋】
◆9面(総合):トレーラーハウス製造に本腰【群馬陸送】
◆10面(東毛):埼玉県北の建設、建材事業強化【関東建設工業】
◆11面(製造・ソフト):OHSAS取得【佐藤商店】
◆12面(流通・サービス):みどり本店を出店【ケーズデンキ】
◆社長訪問 「折り鶴薬局グループ」 井上拓民さん
◆『本紙25周年記念特集』 挨拶と激励メッセージ、鼎談、25周年を振り返って
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.