定期購読のお申し込みはこちらから

2008年03月06日(1574号)
Top News 葬祭事業に参入【中古車販売ブレッシングソリューション】
 中古車販売のブレッシングソリューション(桐生市相生町4−11−6、北村英男社長0277〜55〜5211)は葬祭事業に参入する。今月中にも新会社を立ち上げ、みどり市内に法要施設をオープン。さらに小規模型葬祭施設の運営にも着手する予定で、年内5カ所の開設を計画している。「かねてから目標に掲げてきた総合サービス業としての第一歩。異業種だからこそできる発想を積極的に取り入れていきたい」(北村社長)。両施設とも予約が入っていない場合は、地域住民に開放する方針。こうした店舗の運営方法にも今後、注目が集まりそうだ。

News Selection
◆1面:社債発行で資金調達【グロース】
 育児支援サービスなどを手掛けるグロース(高崎市問屋町2−7−8、宮代志美社長027〜360〜3066)は、社債発行(無担保普通社債)による資金調達を図る。株式公開専業のディー・ブレイン証券(東京都中央区、出縄良人社長)の支援サービスを活用したもので、近く未上場企業向け証券市場「グリーンシート」への銘柄登録(株式公開)を見込んでいる。

◆2面:25億円投じ新工場【ガトーフェスタハラダ】
 ラスク製造販売のガトーフェスタハラダ(法人名=原田、高崎市新町2669、原田義人社長0274〜42〜0001)は約25億円を投じ、新工場を建設する。04年に完成した新本館に次ぐ大型投資となる地上4階建ての建物は、多目的ホールを備えるほか、ラスクの増産を目的にしたラインを新設するもので、今秋の完成を目指す。「まずは現状の生産体制を拡大していきたい。そこから、名所的な役割を持っているので、観光の役に立てれば」(原田節子専務)としている。

◆10面:今夏、前橋に新業態【ライフシステム】
 冠婚葬祭サービス業のライフシステム(本社・高崎市問屋町西、小泉進社長)は8月31日、「日典ラサ想殯館前橋」(前橋市六供町701−2)を開設する。07年から展開し始めた 同社の新業態で?小規模葬ながら高級感のあるセレモニーホール?をコンセプトにしている。開設場所は「日典ラサ前橋」近隣地。
◆2面(食品・観光):事業譲受先を改装しミネラル水を生産【ハルナグループ】
◆3面(医療・福祉):手話通訳者養成を強化【県聴覚障害者コミュニケーションプラザ】
◆6面(建設・開発):長寿命型住宅を開発【長建産業】
◆7面(総合):県内バス会社初のグリーン経営取得【永井運輸】
◆8面(東毛):間伐材を炭素材料に【秀吉】
◆9面(製造・ソフト):業界初「オートスライド幌」開発【桐生工業】
◆10面(流通・サービス):新感覚の老眼鏡発売【ジンズ】
◆社長訪問 「アドビジョン」泉将紀さん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.