定期購読のお申し込みはこちらから

2008年02月21日(1572号)
Top News 「アウラ」を吸収合併【メモリードグループ】
 冠婚葬祭互助会大手のメモリードグループ(前橋市大友町)のライムメンバーズ(同市下石倉町、吉田茂視社長)はこのほど、高崎市内で3カ所の葬儀会館「アウラ」を展開する群馬上毛冠婚葬祭互助会(高崎市貝沢町、新井誠社長)を吸収合併した。メモリードグループとして高崎市内で葬祭部門のシェア50%超を目指す。さらにメモリードは群馬上毛冠婚葬祭互助会の親会社サイカン(さいたま市)が運営していた結婚式場「高崎サンパレス」「貸し切り邸宅ブライダルステージヴェルサーレ」(同市栄町)も傘下に収め、4月からメモリードグループとしてスタートを切る。

News Selection
◆2面:超高級旅館をオープン【福一】
 老舗旅館の福一(渋川市伊香保町伊香保、福田朋英社長0279〜20〜3000)はこのほど、高級旅館「奥伊香保 旅邸 諧暢楼(かいちょうろう)」をオープンした。従来にない「食」と「泊」の体験をしてもらうため客室面積100平方メートルと50平方メートルの計8室を福一本館の1−2階部分に新設した。全室、露天または半露天風呂付き。料金は1泊2食付きで1人7万8750円〜15万7500円。福一とは玄関を別にして宿泊客同士が顔を合わせないよう配慮している。エントランス扉は宿泊者専用のカードキーで開閉、部外者は入れない。設備投資額は約6億円。

◆9面:カイノールの新工場建設【群栄化学工業】
 化学品・食品メーカーの群栄化学工業(高崎市宿大類町797−6、有田喜一社長027〜353〜1810)は本社工場の隣接地に新工場棟を建設する。需要を伸ばしている高機能繊維「カイノール」を生産する高崎工場(高崎市大八木町)を集約化し、生産効率を高めるとともに、同部門の将来的な拡張に備える狙い。カイノール新工場は5月にも完成、生産設備を順次移管し、10月から本稼働するほか、同工場棟に隣接して、特殊フェノール樹脂の基礎生産工場も建設しており、こちらは4月から操業する見通し。  

◆10面:設備充実の176室【シーラックパル】
 ビジネスホテルを展開するシーラックパル(静岡県、望月辰郎社長)は3月1日、同社6店舗目となる「ホテルシーラックパル高崎」(高崎市浜尻町556−1、樋口徹総支配人027〜365〜5586)をオープンする。客室数は176室で宿泊料金は朝食付きで5800円。「お値段三流!設備は一流!」をモットーに客室稼働率90%を見込む。
◆2面(食品・観光):防災対策で表彰【水上温泉・松乃井】
◆3面(医療・福祉):被保険者への浸透課題【後期高齢者医療制度】
◆6面(建設・開発):伊勢崎で12棟の分譲販売【アパートメント・プロ】
◆7面(総合):こんにゃくスクラブ入り洗顔フォーム商品化【山本農業】
◆8面(東毛):新規素材で商品開発【mother tool】
◆9面(製造・ソフト):「南木曽ろくろ」版伝統工芸ペン【島田製作所】
◆10面(流通・サービス):「テナントは未定」と説明【伊勢崎東部モール】
◆就任 「富岡商工会議所会頭」田口基さん
◆社長訪問 「スタジオ・ノーム」塚野貞幸さん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.