定期購読のお申し込みはこちらから

2008年01月17日(1567号)
Top News 卸売市場跡(前橋)にセキチュー
 ホームセンター(HC)のセキチュー(高崎市倉賀野町、関口忠社長)が、前橋市下新田町の地方卸売市場跡地に新店舗を計画していることが分かった。昨年12月には近隣住民への説明会も開いている。敷地の広さは3万平方メートル超で床面積は1万平方メートル超。近く大規模小売店舗立地法に基づく新設計画を県に提出するものとみられ、オープンは今年10月末を予定している。同社はこのところ経営の健全化に向け、不採算店の閉鎖や既存店の改装などに積極的に取り組んでおり、HCの新規出店は03年12月の太田店以来、約5年ぶり。周辺に競合店がなく、大型スーパー「フレッセイ大利根店」と隣接し相乗効果も見込める好立地への出店を機に、攻勢を掛けたいところだ。 

News Selection
◆7面:グッドデザインに選定【人形の岳童】
 人形の岳童(北群馬郡吉岡町大久保931、大谷行孝社長0279〜55〜6530)のオリジナルひな人形「吉向(きっこう)五人飾り」が平成19年度「グッドデザインぐんま」に選定された。住宅事情からひな人形の主流がかつての七段飾りからコンパクトサイズに移行しているが、「豪華さを損なわずに、飾るスペース、収納スペースを取らない商品が考案できた」(草場学専務)としている。

◆9面:カジリ防止の固形潤滑材開発【タカノ】
 プレス金型部品メーカーのタカノ(太田市東金井町1237、高野英治社長0276〜22〜6286)はこのほど、金型の焼き付き・カジリを防止する固形潤滑材「Oil−Stick」を開発、販売を開始した。同潤滑材はモリブデン系のものが多いが同社では5年間を費やし、独自の黒鉛系の固形潤滑材を開発。社内生産できる体制を構築しており、従来の対策法では成しえなかった埋め込み式による汎用性と簡単に金型内を無給油化できる環境優位性を売りに積極展開していく方針だ。

◆10面:クロックス専門店開設【ニッキグループ】
 郊外型生活雑貨店「ハンプティーダンプティー」(HD)を展開するニッキグループ(前橋市青柳町、貫井哲夫代表)はこのほど、「HD高崎上中居店」(高崎市上中居町)をリニューアルオープンした。約1・5倍に増床、北関東一の規模という樹脂製靴「クロックス」の専門店を開設した。これにより約3年前から取り組んできた県内既存店の改装が一巡、今後は県外店舗で実施していく予定だ。
◆2面(食品・観光):今春、集出荷センター開設【あずま産直ネット】
◆3面(医療・福祉):身体拘束ゼロの取り組み広げる【アルボーズ】
◆6面(建設・開発):リフォーム向け塗り壁材【ナトゥア・ジャパン】
◆7面(総合):新年初競りにぎわう【JU群馬】
◆8面(東毛):中敷き代理店販売本格化【ジャパンオーソティックス】
◆9面(製造・ソフト):基礎杭の打ち込み作業効率大幅アップ【奈良】
◆10面(流通・サービス):県内1号店オープン【ラウンドワン】
◆社長訪問 「ファミリーケアシステム」渡邊高行さん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.