定期購読のお申し込みはこちらから

2007年12月20日(1564号)
Top News 2007年ぐん経が選ぶ県内経済10大ニュース
 「群馬」と「経済」を選考基準に記者全員による投票で決定する「ぐん経10大ニュース」。5年目となる2007年は、1位「M&A幅広い業種で」2位「キリンビール跡地に森永」3位「SCオープン、計画続く」…との結果となった。
 トップは「M&A」。例年になく幅広い業種で発生したため、票が集まった。この話題が紙面を多く飾るということは、それだけ中小企業に身近になってきていることの証左であろう。

News Selection
◆2面:サウナ、岩盤浴加えリニューアル【前橋駅前天然温泉ゆ〜ゆ】
 「まえばし駅前天然温泉ゆ〜ゆ」(前橋市表町2−10−31027〜224〜0111)が21日、ドライサウナ、スチームサウナ、岩盤浴などの施設を新設してリニューアルオープンする。増築部分はピロティ形式。同施設は年間約22万人が入館しているが、リニューアルを機に25万人の集客を目指す。

◆3面:吉井町に初の小規模多機能【かがやき友の会】
 認知症高齢者デイサービス、グループホーム「かがやき入野ホーム」運営のNPO法人かがやき友の会(多野郡吉井町小暮568−1、原賢治理事長027〜320〜4176)は来春、吉井町で初の小規模多機能型居宅介護施設を開設する。地域の高齢者を対象とした配食サービスや、学童保育の併設も計画しており、地域福祉の拠点として機能を充実させていく考えだ。

◆9面:人工落雷でナメコ増産【関東防災工業】
 消防設備の施工、電気工事などを手掛ける関東防災工業(前橋市青柳町583−2、宮崎精一社長027〜234〜3351)はこのほど、群馬大学工学部生物化学工学科の三友宏志教授と共同で、人工的に落雷状況を作り出し、ナメコを増産する装置を開発した。落雷は稲やキノコ類などの豊作につながるという古来からの言い伝えを具現化したもの。
◆2面(食品・観光):tonton饅頭商品化【ようこそまえばしを進める会】
◆3面(医療・福祉):歌付きカラオケ収録で好評【群馬第一興商】
◆6面(建設・開発):環境改善製品に注力【藤田テクノ】
◆7面(総合):「ディラッドスクリーン」の販売【玉長】
◆8面(東毛):両毛地域の求人サイトオープン【METキャリアサポートアリビオ】
◆9面(製造・ソフト):製造業倒産6年ぶり増【東京商工リサーチ】
◆10面(流通・サービス):多様化する大型商業施設【流通サービス業・この1年】
◆インタビュー 「県副知事」佐々木淳さん
◆社長訪問 「磯部館」櫻井太作さん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.