定期購読のお申し込みはこちらから

2007年11月29日(1561号)
Top News プロダクトデザイナー起用しブランド作り【丸中】
 繊維素材・製品卸の丸中(桐生市元宿町3−20、篠田一社長0277〜46〜3415)は、プロダクトデザイナーを起用し一般消費者向けブランド事業の確立を目指す。従来、ファッションデザイナーとブランド化を進めてきたが、企業としてのコンセプトやブランド戦略にプロダクトデザイナーの分析能力を活用、今月から商品展開を開始した。現業である卸売業を維持しながらも、将来的にはブランド事業を売上構成の2−3割にまで高めたい考えだ。

News Selection
◆2面:前橋に創作洋菓子店【経営戦略会議】
 冠婚葬祭サービスを手掛ける経営戦略会議グループ(前橋市石倉町、福井久社長)はこのほど、創作洋菓子店「ヴァン・ルージュ」(同市荒牧町762−1、027〜235〜5012)をオープンした。来年1−2月には高崎市にも同様の店を開く。大ぶりなシュークリームが看板メニューで、生ケーキ20種類、焼き菓子15種類などを販売する。また、同社の婚礼施設などで使うウエディングケーキや引き出物の製造拠点となる。

◆3面:新しいストレス検査法【メディック】
 郵送によるがん検査を手掛けるメディック(高崎市箕郷町上芝556−1、三浦勇二社長027〜360〜7111)は、だ液の生理学的検査と問診票を組み合わせた労働者のストレスチェックシステムを開発。コンサルタント会社の経営人事研究所(高崎市上大類町、新井政信社長)と提携し、12月から本格販売する。労働者個人の心身の現状把握に加え、仕事上で何がストレス要因なのか特定できるのが特徴。人材の流出防止や生産性向上など、効果的な労務管理の手段として活用を呼び掛ける。

◆9面:ポカリスエット「エコボトル」量産
                       【大塚製薬高崎工場】
 大塚製薬(東京都千代田区、樋口達夫社長)はこのほど、同社の看板商品であるスポーツドリンク「ポカリスエット」の新容器を開発、東日本製造拠点の高崎工場(高崎市西横手町351−1、稲垣和也工場長027〜353〜2116)でも量産を開始した。新容器は500ミリリットルサイズのペットボトルとしては国内製造最軽量を実現したもの。先月には環境省の主催する「容器包装3R(リデュース、リユース、リサイクル)推進環境大臣賞」で最優秀賞を受賞するなど、注目が高まっている。
◆2面(食品・観光):榛名湖に20万個の光
◆3面(医療・福祉):製造業低下、サービス業上昇【県内障害者実雇用率】
◆6面(建設・開発):県土整備部長・川瀧弘之氏インタビュー
◆7面(総合):吉岡バイパス沿いに中古車店【富士スバル】
◆8面(東毛):新事務所を提携拠点に【アリビオ】
◆9面(製造・ソフト):食品ISOを取得【きのした】
◆10面(流通・サービス):会計事務所向け管理システム開発【ネディア】
◆インタビュー 「高崎商工会議所会頭」原浩一郎さん
◆社長訪問 「ミキクリスタル」斎藤さちよさん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.