定期購読のお申し込みはこちらから

2007年10月11日(1554号)
Top News トラック運転手にしわ寄せ・ETC深夜割引
 ETC(ノンストップ自動料金収受システム)の普及が、県内でも急速に進んでいる。時間や区間に応じて通行料が安くなる割引制度が導入を大きく後押ししているといわれるが、このうちの「深夜割引」に、小規模事業所などで働く長距離便ドライバーが頭を悩ませている。燃費が高騰するなか、事業所側が同割引を積極的に活用しているために、ドライバーが深夜運行を余儀なくされているのだ。あるドライバーは「勤務形態が夜に変わってしまった。体力的にきついが走るしかない」とこぼす。また割引適用のための時間調整でパーキングエリア(PA)が混雑、料金所周辺の路肩などに駐車する車両まで現れる事態にもなっている。 

News Selection
◆1面:高崎中心部にNSC【ウニクス】
 商業施設の企画、開発などを手掛けるピーアンドディコンサルティング(さいたま市大宮区、溝口隆朗社長)が、高崎市内でNSC(近隣型ショッピングセンター)を計画していることが分かった。核テナントとしては食品スーパー「ヤオコー」の可能性が高い。市内飯塚町の建設予定地は「高崎中心部の数少ない、まとまった空き地」として商業関係者などから活用方法に注目が集まっていた。同社では現在、テナント業者を募集中で来月にも大規模小売店舗立地法に基づく新設計画を県に届け出る。都市計画法の改正に伴い延べ床面積は1万平方メートル弱となる見込み。開業は来年夏の予定。

◆2面:本社敷地内に工場直売所【群馬包装トーフ】
 豆腐製造・卸の群馬包装トーフ(佐波郡玉村町藤川91−1、浅川直也社長0270〜65〜5077)は11月11日、アンテナショップと位置付ける初の工場直売所を本社敷地内にオープンする。卸中心できたため低かった地元での認知度を向上させるとともに、直売専用ブランドを立ち上げ、ケーキやアイスクリームなど幅広い商品を投入、ブランド価値を高めていきたい考えだ。

◆9面:ガスインジェクションに注力
                   【ジュンコーポレイション】
 プラスチック成形のジュンコーポレイション(安中市上増田53−1、小板橋義和社長027〜393〜1375)は通常の射出成形に比べ、高度な成形が可能となる「ガスインジェクション」に注力する。同成形が工場内すべての装置で可能となるよう、配管設備を更新したほか、自動車のヘッドランプクリーナー部品の需要増に対応しようと新たに射出成形機2台を増設。今後はガスインジェクションによる高精度加工に特化し、新規顧客を開拓していく方針だ。 
◆2面(食品・観光):館林に最大生産拠点【東洋水産】
◆3面(医療・福祉):コレクティブハウジングを計画【NPO法人くらしの安心ネット】
◆6面(建設・開発):介護福祉事業に参入【加藤組】
◆7面(総合):音響設備充実のギャラリー【フェンネル】
◆8面(東毛):新規来店狙い店舗改装【ファット・ア・マノ】
◆9面(製造・ソフト):オリジナルペン販売サイト【島田製作所】
◆10面(流通・サービス):カインズの新旗艦店に迫る
◆社長訪問 「島田製作所」嶋田幸久さん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.