定期購読のお申し込みはこちらから

2007年2月15日(1522号)
Top News 沼田と千代田町に工業団地
 県企業局は来年度、沼田市沼須町と邑楽郡千代田町上中森地区の2カ所に工業団地を造成する。新規開発型の工業団地は98〜99年に造成した昭和関屋工業団地(利根郡昭和村)以来およそ10年ぶり。今後、両団地の地権者との交渉を本格化させる計画で、了承が得られれば、来年度中にも着工する。今年度は工業団地への進出が急増しており、2月までのおよそ10カ月間だけで、過去5年間の総販売実績と同規模の面積を分譲した。分譲可能地は激減しており、来年度着工予定の2つの工業団地を合わせても、現在の引き合いを考えれば到底足りないことから、さらなる候補地調査も進めている。 

News Selection
◆2面:銀座に進出【ガトーフェスタハラダ】
 ラスクメーカーのガトーフェスタハラダ(法人名=原田、高崎市新町2669、原田義人社長0274〜42〜0001)が東京・銀座に進出する。3月中旬に「銀座松屋」(東京都中央区銀座)、4月上旬に京王百貨店新宿店(東京都新宿区西新宿)に相次ぎ直営店を開設する。同社の都内直営店出店は初の試み。高級店が連なる銀座への出店でブランドイメージの構築を図る。 

◆3面:尿でわかるがん検査【GME医学検査研究所】
 性感染症や肝炎などの郵送検査を手掛けるGME医学検査研究所(高崎市片岡町1−13−21、小和田幾野社長027〜310〜7000)は、尿によるがん検査、尿中ジアセチルスペルミン検査を開始した。多くのがんに適用できる新しい腫瘍マーカーとして注目されている検査で、がんの早期発見につなげる。また、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルスの検査も開始。子宮頸がんの確実な予防に役立てる。

◆6面:雨水の利活用提案【ステータスホーム】
 住宅建築を手掛けるステータスホーム(渋川市北橘町八崎1182−1、大畑求社長0279〜23〜9567)は独自開発した雨水リサイクルシステム「GRAエコシステム」を本格的に展開する。一般住宅だけでなく、店舗や工場など事業者に雨水の利活用を提案していく。
◆2面(食品・観光):汚泥処理コンサル【第一メンテナンス】
◆3面(医療・福祉):「福祉支援価格」で割引【エクセレントサービス】
◆6面(建設・開発):環境GS、計333事業所が認定
◆7面(総合):RC住宅上位2社が業務提携【カリムラ建物・ワカバヤシ】
◆8面(東毛):温風床暖房に空気清浄機能【駒匠】
◆9面(製造・ソフト):アルミ合金にステンレスパイプ鋳込む【前橋橋本合金】
◆10面(流通・サービス):シニア、女性確保へ新業態【ローソンプラス】
◆インタビュー 「免疫生物研究所社長」清藤勉さん
◆社長訪問 「豊島屋」田村明義さん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.