定期購読のお申し込みはこちらから

2006年12月21日(1515号)
Top News カローラにサイドターンランプ供給【大島電機製作所】
 ミツバ(桐生市広沢町、日野昇社長)の子会社で自動車用ランプ・ミラー製造を手掛ける大嶋電機製作所(太田市西新町135−10、伊藤正幸社長0276〜31〜3951)はこのほど、トヨタ自動車(愛知県豊田市)の大衆市場向け看板車種「カローラ」へのサイドターンランプの供給を開始した。同社は一つの金型内で、成形、接合を行う「OSI成形工法」を確立しており、そのコスト競争力、精度の高さが評価された形。これまで富士重工業向けの供給が全体の9割以上を占めており、トヨタ向けの供給はなかった。「世界ナンバーワンの量産車」(加藤勇常務)の受注を勝ち取ったことで、トヨタ比率の向上はもちろん、他メーカーからの注目も高まりそうだ。 

News Selection
◆2面:伊香保「白雲閣」債権回収会社が落札
 前橋地方裁判所が12日公告した不動産競売売却決定で、伊香保の温泉旅館白雲閣(渋川市伊香保町伊香保、養田恭和社長)の所有する不動産物件が債権回収会社、アトリウム債券回収サービス(東京都豊島区東池袋、高橋剛毅社長)に落札されたことがわかった。旅館本館の落札額は最低入札額(買受可能価格)の約3倍の2億2000万円。アトリウムでは落札物件の利用に関して「現在は未定。いろいろな方法を考えていきたい」。また、同社によると経営権や今後の対応について、「時期は明言できない」としながらも養田氏との会談を計画しているという。

◆9面:HP情報をRSS化【エイワンサーバー】
 ソフト開発やインターネットサーバー事業を手掛けるエイワンサーバー(高崎市飯塚町149−1、古屋隆司社長、027〜370〜1618)は来年3月までに、ホームページ(HP)情報をRSS化する独自システムを構築する。運営者のHP上に、希望するHPの更新情報をリアルタイムで載せることが可能となるため、情報発信の輪が広がる。利用法はさまざまなものが考えられ、需要を模索しつつ利用者を増やしていく。

◆10面:ネットと実店舗を出店【きょうしん】
 婦人服専門店をチェーン展開するきょうしん(前橋市三俣町3−16−12、小山昌人社長027〜234〜2333)はこのほど、メンズ・レディースのカジュアルウエアを扱うセレクトショップ「デニムガーデン」をインターネット上と高崎市内にオープンした。日本未上陸の「アバクロンビー&フィッチ」(通称アバクロ)など、海外で買い付けた高付加価値の輸入ブランドをそろえているのが特徴。ネットと実店舗の相乗効果も見込み、2店舗合わせて年商1億5000万円を目指している。
◆2面(食品・観光):清酒ベースの梅酒【土田本店】
◆3面(医療・福祉):Hb1c測定必須化を【県医師会】
◆6面(建設・開発):建設業者が農作業代行【利根沼田農作業受託組合】
◆7面(総合):安中に総合葬儀場【メモリード】
◆8面(東毛):8位入賞目標に【富士重工業陸上部】
◆9面(製造・ソフト):弾力ゲルを共同開発【県産業支援機構と原研】
◆10面(流通・サービス):大浴場、会議室を増設【グレースイン前橋】
◆2006「県内経済10大ニュース」
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.