定期購読のお申し込みはこちらから

2006年12月07日(1513号)
Top News ヤマダ電機新本社ビル・地上12階、高さ55メートル
 ヤマダ電機(前橋市日吉町、山田昇社長)が高崎市栄町のJR高崎駅東口に計画している店舗・本社ビルの概要が分かった。地下2階、地上12階建てで高さは55メートル、延べ床面積約8万6000平方メートルという規模で、来年1月にも着工予定。向かい側にある高さ約87メートルの「高崎タワー21」とともに県の『玄関口』の新ランドマークとなりそうだ。

News Selection
◆3面:高齢者の生活を支援【ダスキン「ホームインステッド」】
 ダスキン(本社・大阪府、伊東英幸社長)の高齢者向けサービス、ホームインステッド事業の県内初のサービス拠点「ホームインステッド公園坂下ステーション」(前橋市千代田町1−8−11、大沢早苗マネージャー027〜219〜0333)がこのほど営業を開始した。公的介護保険でカバーできない生活支援サービスを、時間当たりの定額制で24時間365日提供する。東京や大阪など大都市で浸透してきており、県内での広がりが注目される。

◆9面:全国初、ものづくりSNS始動【アングルシステムデザイン】
 ソフト開発のアングルシステムデザイン(高崎市浜尻町220−9、村上京子社長027〜363〜8788)はこのほど、地域の製造業者ならば誰でも無料で参加できる「ものづくりSNS工業フォーラム」を立ち上げた。「mixi(ミクシー)」で知られる「ソーシャル・ネットワーク・サービス」(SNS)は急速に注目が高まっているが、地域製造業に特化したものは全国でも例がない。同社では先行して製造業のポータルサイト「アングル工業フォーラム」を立ち上げており、相乗効果により地域製造業の情報共有・交換を支援する。

◆10面:高崎に大型複合商業施設【ブルーヒルズ】
 アミューズメント施設の企画、開発を手掛けるブルーヒルズ(栃木県宇都宮市、陳賢徳社長)は高崎市内で大型複合商業施設を計画している。12億円をかけ、延べ床面積約7700平方メートルの建物を建設し、スポーツ専門店のヒマラヤ(岐阜市、小森裕作社長)とゲームセンターを展開するソユー(秋田市、今野創社長)が入居するもので、来年7月の開業を予定している。近隣にはドン・キホーテもあるため、若者を中心に人気を集めそうだ。
◆2面(食品・観光):「食の安全」サービス強化図る【民間検査会社2社】
◆3面(医療・福祉):「湯治ケア」打ち出し、オープン【メディス草津】
◆6面(建設・開発):無垢材ふんだんモデルハウス【木万里】
◆7面(総合):熱効率向上の鉄骨系ユニット住宅【群馬セキスイハイム】
◆8面(東毛):伊勢崎5店舗体制を構築【桐生信用金庫】
◆9面(製造・ソフト):ウェブシステムなど8社が受賞・チャレンジITビジネス賞
◆10面(流通・サービス):来春にも県内進出【ドラッグストアクリエイトSD】
◆インタビュー 「場所、群馬」代表 白川昌生さん
◆社長訪問 「藤生」 藤生浩道さん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.