定期購読のお申し込みはこちらから

2006年09月07日(1500号)
Top News 会社設立期待はずれ?
 最低資本金制度をなくし、創業時の資金負担を軽くした「新会社法」が今年5月に施行されたが、県内の会社設立は期待されたほど増えず、5、6月とも、有限会社が廃止された分、新設会社の総数は前年同月を下回っていることがわかった。一方で、新法施行直前の4月には有限会社設立の「駆け込み申請」が際立って多いことも明らかになった。中小事業者にとっては、取締役の任期がなく、決算の公表義務が免除されるなど、旧来の有限会社の方がなじみやすかったとも見られるが、新法には、株式会社設立のハードルを低くして創業機運を高め、経済の活性化につなげようという狙いが込められているだけに、予想外の数字に首をかしげる関係者もいる。

News Selection
◆3面:病気の回復、リハビリ支援【上武呼吸科内科病院】
 医療法人一羊会上武呼吸器科内科病院(前橋市田口町586−1、笛木真理事長027〜232〜5000)は今年12月の完成を目指し、新病棟の建設工事を進めている。これまでの一般病床に加え、療養病床を新設。急性期を脱したが引き続き医学的観察・処置が必要な患者を受け入れる。安全や衛生面に気を配り、リハビリも強化して患者の日常生活への復帰を支援する考えだ。

◆11面:インテリア商品のオリジナルブランド【トータル住環】
 住宅リフォーム・ガーデニング事業を手掛けるトータル住環(伊勢崎市曲沢町46−1、石川勝彦社長0270〜20〜2620)はこのほど、ドアや門扉、家具などインテリア商品のオリジナルブランド「彩龍環 DESIGN&REMODELING」を立ち上げた。環境に配慮するため、不要廃木材や間伐材などを有効活用しつつ、デザイン性を高めた商品をラインアップ。さらなる商品の付加価値を追求するため、近く築100年程度の住宅から排出される古材の買い取り事業もスタートさせるなど、事業を積極化する。

◆12面:2店目を前橋に開設【おしごと紹介センター】
 電子部品販売や人材サービスなどを手掛けるセイデン(高崎市問屋町、有賀一師社長)は、求職者と求人企業の仲介を行う来店型店舗「おしごと紹介センター」としては2店目で初のフランチャイズチェーン形式となる前橋店(前橋市関根町)をオープンした。さらに、セイデンの埼玉営業所(本庄市)内にも拠点を設置した。今後も県内を中心にFCと直営で出店していく考え。
◆2面(食品・観光):食品表示巡り対立模様【水沢うどん】
◆3面(医療・福祉):メンタルヘルス・マネジメント検定試験実施へ【メンタルヘルス・ケアセンターぐんま】
◆8面(建設・開発):ISO9001取得【石井設計グループ】
◆9面(総合):同一敷地内にオープン【群馬トヨタ・ネッツ高崎】
◆10面(東毛):多品種少量向け整経機開発へ【スズキワーパー】
◆11面(製造・ソフト):新田東部工業団地に進出【今井製作所】
◆12面(流通・サービス):生鮮加工技術を向上へ【ベイシア】
◆社長訪問 「武井紙業」武井保男さん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.