定期購読のお申し込みはこちらから

2006年08月3日号
Top News ジェイアイエヌが上場
 眼鏡店「ジンズ」や服飾雑貨のセレクトショップ「クールドゥクルール」を展開するジェイアイエヌ(前橋市川原町777−2、田中仁社長027〜230〜1100)は8日、大阪証券取引所の新興市場、ヘラクレスに上場した。県内流通業の上場は珍しく、同市場への上場は初めて。資金調達と信用力向上、人材の確保などが主な狙い。公募増資によって調達した約8億8000万円は新店舗の設備投資などに充てる計画で、上場を機に店舗展開を加速するほか、新たな収益の柱となる業態の育成を図る考え。                          

News Selection
◆6面:「経営革新」受け、積極展開【東栄電工】
 電気工事、設備工事の東栄電工(高崎市飯塚町1447、関口慶也社長?027〜362〜5836)は、県から中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画の承認を受け、冷暖房の温度むらを解消する天井ファン「エコシルフィ」の販売を強化する。「前年の受注実績の大幅増を目指す」(同社)。

◆7面:冷凍倉庫竣工に続き事業所拡張【佐藤運送】
 佐藤運送(桐生市相生町、佐藤治男社長)は大型投資を加速させる。約8億5000万円を投じ、旧赤堀町の本社事業所内に1日、大型冷凍倉庫を竣工。さらに近隣倉庫の拡張工事にも着手している。また、来年3月には利根郡昭和村の昭和関屋工業団地に進出。9月から新物流センターの建設に入る予定だ。「これまでの取引先からの引き合いに対応するためにも、万全な設備と管理で信頼を勝ち取っていきたい」(佐藤稔也専務)として、創業以来貫いてきた既存客を中心とした事業体制を推進する。

◆10面:高崎に「禁煙ホテル」【東横イン】
 ビジネスホテルチェーンの東横イン(東京都大田区、重田訓距社長)は22日、JR高崎駅西口に新施設を開業する。同一敷地内に14階建ての建物を2棟建設、同時オープンするもので合計客室数は542室。そのうち1棟は初の試みとなる「禁煙棟」とする。同社国内最大の客室数を誇る超大型施設だけに、周辺ホテルへの影響は必至だ。
◆2面(食品・観光):来年1月、大型設備投資へ【水上館】
◆3面(医療・福祉):肥満解消で老化防止【前橋温泉クリニック】
◆6面(建設・開発):安価で手入れ容易なデッキ材【小野里工業】
◆7面(総合):見込み客の発掘サポート【マーケティングリサーチジャパン】
◆8面(東毛):リサイクル事業に本格参入目指す【関東建設工業】
◆9面(製造・ソフト):廃棄シリコンウエハーを再生【プログレス】
◆10面(流通・サービス):JRのコンビニで発売へ【居酒屋・地車】
◆就任 「県トラック協会会長」三浦文雄さん
◆社長訪問 「ブロードヒューマンネットワーク」岩崎浩之さん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.