定期購読のお申し込みはこちらから

2006年08月3日号
Top News 統合医療を本格研究
 医療法人社団善衆会・上毛泌尿器科記念善衆会病院(前橋市二之宮町1381、篠崎忠利理事長027〜268〜3321)は県内の大学や医療機関と連携し、西洋医学を基本に東洋医学や代替・補完医療、最新の情報工学に基づく治療法などを取り入れた「統合医療」の本格的な研究に取り組む。4月に篠崎理事長を代表とする「群馬統合医療推進プロジェクト」を発足。今月24日には免疫学の国際的な権威、安保徹新潟大学大学院教授らを招いてプロジェクト発足記念イベントを催す。統合医療は患者のQOL(生活の質)に配慮した医療として近年、欧米などで関心が高まっており、県内における先進的な取り組みとして注目される。

News Selection
◆8面:新連携で屋上緑化【古河産業】
 土木工事・資材販売の古河産業(太田市藪塚町391、古川正二社長 0277〜78〜5858)はこのほど、中小企業新事業促進法に基づく経済産業省の「新連携」の認定を受けた。同社をコア企業とする県内3社の異業種連携で、テーマは「新しい土壌注入方式を用いた織物植生マットによる屋上緑化事業」。県内での新連携認定は3件目となる。

◆9面:ペットホテルオープン【ホテル磯部ガーデン】
 ホテル磯部ガーデン(安中市磯部1−12−5、櫻井丘子社長 027〜385〜0085)はこのほど、敷地内に犬専用のペットホテルを開設した。冷暖房完備のほかモニターを設置しているのでペットの様子を常時、ホテル内から確認することができる。

◆12面:大型SCへの出店加速【ローリーサービスジャパン】
 自家焙煎コーヒー豆専門店「ハーバー珈琲」を展開するローリーサービスジャパン(高崎市金古町1165−1、河野江利美社長 027〜372〜2287)は、大型ショッピングセンター(SC)内への出店を加速している。昨年12月から展開を始め、すでに3店舗をオープン、さらに今月と来月にも出店予定。直営店を中心にSC内に出店していく一方で、FC(フランチャイズ・チェーン)に関しては企業をリタイアした団塊世代の?セカンドライフ?として提案していく。07年は直営、FCを含めて20店舗前後を出していく計画だ。これら積極展開に対応していくため、新会社も設立した。
◆2面(食品・観光):貸切個室の岩盤浴室【美松館】
◆3面(医療・福祉):サービス向上に相次ぎ認証【セキールレディースクリニック】
◆8面(建設・開発):ショールームオープン【エバーホーム】
◆9面(総合):環境に優しい設備工場【中央電気商会】
◆10面(東毛):医療施設を?健康診断?【イースペース】
◆11面(製造・ソフト):建設現場でAL端材を粉砕処理【オリエンタルホープ】
◆12面(流通・サービス):外国人IT技術者を派遣【サンヴァーテックス】
◆就任 「井上工業社長」中村剛さん
◆社長訪問 「モハラテクニカ」茂原純一さん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.