定期購読のお申し込みはこちらから

2006年07月27日号
Top News 照合精度高めた生体認証キーボード
 LSI設計や組み込み機器開発を手掛けるフロントフューチャー(高崎市飯塚町454−2、永井和美社長027〜361〜7136)はこのほど、指静脈と指紋による生体認証ユニットを搭載したキーボード2機種を開発、販売を開始した。いずれも独自の認証方式により、照合精度を高めているのが特色で、静脈認証を搭載しているキーボードに関しては世界初の製品となる。個人情報保護の観点から管理体制を強化する動きが加速している金融機関や医療機関、サーバーの管理業者などに提案していく。

News Selection
9面:ハウスクリーニング事業に参入【長岡運送】
 長岡運送(伊勢崎市日乃出町701−9、長岡治社長・0270〜25〜4519)はこのほど、ハウスクリーニング事業に参入した。長期化する原油高に加え「引っ越し業務の競争もますます激しくなっている。付加価値を付けたサービスで収益を上げていきたい」(長岡社長)として、昨年から始めた「荷物のコンビニエンスストア」も充実させながら、業界での生き残りを図る。 

11面:多重セラミック板が高濃度オゾン【吉田産業】
 精密研磨加工の吉田産業(安中市下磯部523−2、吉田公彦社長027〜385〜7350)は昨年秋に開発した高濃度オゾン発生装置の販売を本格化する。オゾン発生部分に精密研磨した多重セラミック板を内蔵し、オゾン発生率を高めているのが特徴で、ボンベなどの酸素供給装置を使わずに高濃度オゾンを発生させることができる。07年春から新幹線、特急列車を全面禁煙とするJR東日本の発表を受け、今月7日に新幹線内でデモンストレーションを行い好評を得た。脱臭、殺菌装置として様々な分野に提案していく方針だ。   

12面:県内最大の岩盤浴専門店【日本健康産業】
 ホテルやスポーツ施設の運営などを手掛ける日本健康産業(栃木県那須塩原市、青木克益社長)は8月8日、県内最大の岩盤浴専門店を伊勢崎市内にオープンする。栃木県内の2店に続く出店で55床を用意する。岩盤浴は日帰り入浴施設を中心に導入が進み、新たないやしスポットとして浸透してきた。同店をきっかけに施設の大型化が進むのか注目が集まる。
◆2面(食品・観光):塩素臭ない安全温泉を
◆3面(医療・福祉):在宅生活支える新サービス【NPO法人くらしの安心ネット】
◆8面(建設・開発):伝統的な建材を住宅に【匠の杜工房】
◆9面(総合):機密書類の破砕工場【武井紙業】
◆10面(東毛):和の新業態、相次ぎ開発【ホットランド】
◆11面(製造・ソフト):ノンフロン冷凍空調システム開発へ【サンデン】
◆12面(流通・サービス):旗艦店をリニューアル【ジェイアイエヌ】
◆就任 「高崎ビューホテル」大山久尚さん
◆社長訪問 「ロン」根岸和男さん
 
Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.