定期購読のお申し込みはこちらから

2006年06月15日号
Top News 介護業界に再編の波
 介護施設経営、医療法人コンサルティングなどのメディスコーポレーション(桐生市相生町3−172−9、篠原愛子社長0277〜40〜2531)は5月から、日興コーディアルグループの投資会社、日興アントファクトリー(東京都千代田区)が設立した持株会社「アントケアホールディングス」の事業子会社となった。もう1つの事業子会社で、介護施設を全国展開する京都市のケア・リンクとともに、管理部門は持株会社に任せて経営を合理化、介護施設や老人ホーム経営などの事業面で協力しながら基盤の拡大を目指す。

News Selection
2面:飲料開発、体制整う【ハルナビバレッジ】
 ペットボトル飲料の受託生産を手掛けるハルナビバレッジ(高崎市足門町39−1、小出信介社長027〜372〜6911)はこのほど、試作飲料用テストプラントを導入した。取引先大手飲料メーカーとの共同開発受注を狙う。同社が打ち出す中期計画では今後3カ年、利益率の向上に力を注ぎ、2010年までに営業利益(06年3月期、2億円)を2倍強に引き上げる方針。共同開発で派生する粗利益などを利益向上の核に据え、財務体質の改善を図る。

3面:環境対策のシンボルに【安藤】
 医薬品卸の安藤(高崎市小八木町309、安藤震太郎社長027〜362〜1110)は本社事務所に県内最大規模、最大出力150キロワットの太陽光発電システムを設置。14日にシステムの点火式を行った。自社消費電力の一部をまかなうとともに、見学も受け入れ、環境学習に役立ててもらう考えだ。

10面:初の複合店 前橋に【商建】
 商業建築、外食事業などを手掛ける商建(高崎市小八木町、堀川俊幸社長)は8月、国道17号沿いの前橋警察署跡地(前橋市大友町)に複合商業施設を開設する。いずれも直営で回転ずし、イタリアンレストラン、インターネットカフェを設けるもので、このうちイタリアンレストランとインターネットカフェは同社初の業態。また複合形式での展開も初で、「利便性があり、集客増につながる」(同社)として、今後、他地域でも同様のスタイルでの出店を検討していく。
◆2面(食品・観光):レタス生産強化【野菜くらぶ】
◆3面(医療・福祉):倉渕で初の特養開設【社会福祉法人恒星会シリウス】
◆6面(建設・開発):県内に営業拠点開設【サンコウホーム】
◆7面(総合):廃蛍光管を仏具に【トム商会】
◆8面(東毛):大連の冷熱事業拠点を強化【三洋電機】
◆9面(製造・ソフト):ステンレスクリーンカットに注力【モハラテクニカ】
◆10面(流通・サービス):硬式マシン、ブルペンも【バッティングサポートクラブ・ルーキー】
◆社長訪問 「龍研究所」月澤勲さん・「ハウディーズ」江黒俊介さん

 


Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.