定期購読のお申し込みはこちらから

2006年05月18日号
Top News 駐車違反の民間取り締まり 3地区3社でスタート
 道路交通法が改正され、6月1日から民間業者が駐車違反の確認作業を行う「駐車監視員制度」がスタート。県内ではビルメンテナンスを手掛ける東朋産業(前橋市総社町)とケービックス(前橋市問屋町)、高崎市内の警備関連業者の計3社がそれぞれ前橋、太田、高崎の主に中心市街地で活動する。「業容拡大になれば」「社会貢献したい」と意欲を見せる民間の3社。一方、新制度では駐車時間の長短に関わらず違反対象となるため、宅配業者からは「法律だから仕方ない」としながら、対応策に苦慮する声が聞かれる。

News Selection
1面:2年振りに新店舗【フレッセイ】
 スーパーのフレッセイ(前橋市力丸町900−1、植木康夫社長027〜265〜3111)は約2年ぶりとなる新店舗を今秋にも埼玉県内にオープンする。同社はこのところ既存店の活性化に力を注いでいたが、今回の出店を契機に今後は群馬、埼玉、栃木へ恒常的に新店を出していく方針だ。

3面:入居者の生活改善に貢献【くらしの安心ネット】
 NPO法人くらしの安心ネット(前橋市昭和町2−11−14、伊藤誠一理事長027〜235〜5781)が4月にオープンさせた介護サービス付き高齢者賃貸住宅「ひかりケアマンション」(同町3−16−2)が、入居者の生活向上に実績を上げている。寝たきりの妻(82)の介護に行き詰まっていた男性(84)は、妻を入居させ、自分は夜だけマンションに泊まる生活を選択。妻はスタッフのきめ細かいケアによって1カ月で著しく回復、男性も安心して日常生活を送れるようになった。男性は「本当にありがたい」と喜んでおり、同NPOは今後同様の高齢者賃貸住宅を地域に広げていく計画だ。

10面:岩塩販売事業が好調【NTT東日本-群馬】
 アウトソーシングや環境関連事業などを手掛けるNTT東日本−群馬(高崎市高松町、安部徳行社長)の岩塩事業が好調だ。パキスタンから直輸入した「ヒマラヤ岩塩」をランプや食用、浴用などに加工し、直営店や百貨店、インターネットなどで販売。今年も昨年並みの8トンを輸入、販売する見込みだ。
◆2面(食品・観光):空き店舗の運営権取得【伊香保温泉観光振興協議会】
◆3面(医療・福祉):除菌と消臭同時に【日本ドッグセンター
◆6面(建設・開発):県産材センター本格稼働
◆7面(自動車・運輸):県外物流センター稼働・運送業2社
◆8面(東毛):めっき皮膜の密着力高めた前処理【ダイハードクロム】
◆9面(製造・ソフト):旭精機工業から受注【仁テック】
◆10面(流通・サービス):旧群馬町に葬祭ホール【メモリード】
◆社長訪問 仁テック 小林栄仁さん

 


Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.