定期購読のお申し込みはこちらから

2006年04月06日号
Top News 各地で入社式、入行式
 新年度がスタート。1日と週明けの3日には県内の各企業、銀行、官公庁などで入社式や入行式が一斉に行われた。雇用が多様化し、若者たちの「働く」ことへの意識も揺れ動く中で、厳しい就職戦線を勝ち抜いて「正社員」として迎えられた新人たちに、それぞれのトップは、何を求め、何に期待するのか。県内を代表する企業、群馬銀行、県庁での入社式などの訓辞、挨拶のポイントをまとめた。

News Selection
1面:注文住宅のタマホーム進出
 注文住宅で急成長中のタマホーム(本社:東京、玉木康裕社長)が県内に進出する。第一弾として8日、住宅展示場を併設する高崎支店(高崎市緑町、田中義徳支店長・027-370-3600)をオープンする、伊勢崎支店(伊勢崎市宮子町)は5月3日のオープン予定。

3面:子ども家族支援センター開設【高崎健康福祉大学】
 高崎健康福祉大学(高崎市中大類町、須藤賢一学長)は文部科学省のオープンリサーチセンターの認定を受けて1日、学内に「子ども・家族支援センター」をオープンした子どもや家族の心の問題について、一般市民からの相談に無料で応じるほか、保育士や教員など専門家への助言、研究活動も平行して行っていく。

10面:前橋にFC1号店【れんげ屋】
 創作みそラーメンの「れんげ屋」(みどり市笠懸町鹿、伊藤均代表)が3月31日、FC1号店となる「前橋東50号店」(前橋市東片貝町、須田公一オーナー・027-243-7577)をオープンした。

◆2面:インターネットショッピングモール商店街に活力「県商工連」
◆3面:地域包括支援センターが始動
◆6面:遠隔監視システム導入【アプロス】
◆7面:星エンジニアリング、ドラフトネット
◆8面:工場を3ヵ所に分散・移転【松村機械製作所】
◆10面:無線LANでNCデータ送信【協立アスリック】
◆インタビュー 高崎健康福祉大学 宇井理生さん
◆社長訪問 薬理研 岩上一真さん

 

 




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.