定期購読のお申し込みはこちらから

2006年03月30日号
Top News 店舗大型化と個別配達強化【コープぐんま】
 県内の地域生協が生き残りの道を探っている。生活協同組合コープぐんま(桐生市相生町、中嶋源治理事長)は21日、経営再建を進めていた2生協と正式に合併。28日には今後の店舗展開の試金石となるショッピングセンターを藤岡に開業した。一方、首都圏の地域生協で構成するパルシステム生活協同組合連合会に加入する生活協同組合は店舗を持たず、個別配達を重視し、組合員拡大に力を入れている。生協の特徴だった共同購入が女性の社会進出などで低迷するなか、県内生協は「店舗大型化」と「個別配達の強化」という2つの大きな流れのなかで、流通業界の厳しい競争に対抗している。

News Selection
1面:矢島に塗装工場新設【富士重工業】
 富士重工業(東京都新宿区)は自動車生産拠点の群馬製作所矢島工場に100億を超える投資を行い、ペイント工場を新設、塗装設備を一新する。レガシィを中心とした北米向け乗用車の塗装工場が老朽化したためで、新設備では環境対応もさらに加速、同社ではまだ導入していない水性塗料採用も計画したいる。

7面:3億投じ新倉庫【関越流通倉庫】
 関越流通倉庫(佐波郡玉村町宇貫・春山泰夫社長、0270-65-1141)は約3億円を投じ、玉村町東部工業団地内に営業倉庫を新設。4月上旬にも稼動させる。同社としては4ヶ所目の営業倉庫。取扱量増加に伴い保管能力を引き上げる一方、新規取引先の開拓にも着手する。

10面:前橋にコンサル会社【WMC】
 前橋市内の会計事務所に勤務していたベテラン経営コンサルタントが独立、このほどWMC(前橋市天川大島町、山口勝社長・027-263-7002)を設立した。これまでのノウハウを生かし人材育成を含めた総合的なコンサルを手掛けるほか、販売管理システムと提携、マーケティング分野に活躍していく方針だ。

◆2面:誘客強化に「観光局」
◆3面:離職防止にも貢献【県看護協会】
◆6面:ヤマダ電機1Fにバスターミナル計画
◆8面:マイナスイオンで血液サラサラ【タカラ電器】
◆9面:品質工学を導入【石関プレシジョン】
◆10面:アカマル内のカー用品店閉店へ【セキド】
◆就任 ハルナビバレッジ社長 小出信介さん
◆社長訪問 フジセイコー 荻久保太一さん


 

 




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.