定期購読のお申し込みはこちらから

2006年03月16日号
Top News 取得目指す企業急増-エコアクション21
 環境省の環境マネジメント規格「エコアクション21」の認証取得を目指す企業が県内で急増している。96年の策定から昨年までの10年間はわずかに7社に過ぎなかったが、今年に入り、すでに4社が取得、さらに準備段階に入っている企業は60社に上っている。同様のの規格ISO14001と比較すると取得費用が低額(コンサル料含め5分の1から8分の1程度)な上、環境に配慮した企業との取引を望むキャノンやパイオニアなどの大手企業が同規格に「お墨付き」を出しているなどが背景にあり、中小企業の環境経営認証として定着していきそうだ。

News Selection
1面:コンビニ「サンクス」伊勢崎出店
 ユニー傘下でコンビニエンスストアチェーン大手のサークルKサンクスは24日、県内初となる店舗「サンクス」を伊勢崎市内に2店同時オープンする。両店を皮切りに今後、3年間で40店舗を目標にドミナント化を進めていく方針。

1面:紫外線防ぐ印刷パネル【第一印刷】
 第一印刷(伊勢崎市連取町、由井寛治社長・0270-25-0919)はこのほど、独自のコーティング技術により、写真並みの高画質プリントが可能な上、紫外線を浴びても劣化しない印刷パネルを商品化した。

10面:女性意識した「西東京店」【有賀園】
 ゴルフ用品販売の有賀園(高崎市下之城町、有賀明社長・27-322-3800)は17日、東京都内4店舗目となる西東京店(小平市)をオープンする。第4次ゴルフブーム≠けん引する女性客を意識した売り場構成とする。

◆2面:小売食品販売に参入【群栄化学工業】
◆3面:高崎に予防医学クリニック
◆6面:さりげなくモデルハウスPR【キクカワホーム・伊藤】
◆7面:高渋バイパス線開設【群馬バス】
◆8面:残留塩素含まぬカット野菜【三和食品】
◆10面:ストレッチクラブ開設【ハートサム】
◆インタビュー 豪雪対策支援監 野本彰一さん
◆社長訪問 天坊 斎藤淑子さん


 

 




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.