定期購読のお申し込みはこちらから

2006年02月02日号
Top News 群馬トヨタ・ネッツ高崎 同一敷地内に出店
 自動車ディーラーの群馬トヨタ自動車(高崎市東町、横田衛社長)とネッツトヨタ高崎(高崎市緑町、横田英一社長)は、今秋にも富岡と渋川で同一敷地内にそれぞれの店舗設ける複合形式(モール型)店舗をオープンさせる。トヨタの別系列の店舗が同一敷地内で営業するケースは全国的にも珍しく、顧客は1ヶ所で幅広い車種を見ることができる。また2店ともベイシアグループの店舗隣接地に計画、商業集積による集客アップが見込める。新しいスタイルとして注目される。

News Selection
1面:企業の技能継承支援
 団塊の世代が大量に退職し、技能伝承が困難になる「2007年問題」を控え、県は新年度、ものづくり人材の確保と養成を柱にした新規事業をスタートさせる。県内企業を対象に行ったアンケート調査で、ほとんどの企業が「技能継承に課題がある」としていたため、対応を強化していくことにした。

1面:3月中にも着工【けやきウォーク】
 総合スーパー大手のユニーが前橋市文京町のダイハツ車体跡地に計画するショッピングセンター(SC)「けやきウォーク前橋」が、鹿島建設北陸支店の施工で3月にも着工される見通しとなった。

10面:マーケティング会社設立【ジャスト】
 無料生活情報誌「月刊ヴィアン」を30万部発行するジャスト(前橋市千代田町、平尾真一社長)は、今春、マーケティング事業を行う別会社を立ち上げる。

◆2面:ラスク包装部門を自動化【ガトーフェスタハラダ】
◆3面:セカンドオピニオン外来県内の動向
◆6面:無添加住宅を展開【篠田工務店】
◆7面:2拠点を統合【レンタルのニッケン】
◆8面:店舗数151店に拡大【佐野プレミアムアウトレット】
◆9面:中国で飲料ショーケース【サンデン】
◆社長訪問 アメニティ 星野延幸さん

 

 




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.