定期購読のお申し込みはこちらから

2005年12月1日号
Top News 村岡食品と県が新商品開発へ
 農産物部門でも産学官の連携が進んでいる。群馬県が開発したスモモと梅の種間雑種“スモモウメ”を使った共同研究が今年度から始まった。村岡食品工業(前橋市高井町、村岡成和社長)と県農業試験センター(岩田直記所長)、群馬産業高度化センター(植松豊所長)の3者が商品化に向け取り組んでいるもので、スモモウメは果肉・果汁が赤く、加工食品の原料として用いた場合、着色料を用いず色付けできるのが特徴。

News Selection
1面:準不燃内装木材「ヒヨケール」販売【佐々木木材防腐
 木材加工の佐々木木材防腐(前橋市下大島町、佐々木国雄社長、027−266−1324)はこのほど、昨年県林業試験場と日本防災化学研究所(東京都)が共同開発した準不燃内装木材「ヒヨケール」の本格発売に乗り出した。

1面:飲食部門受託の初事業【くろ松
 県庁内で日本料理店「くろ松」を経営する邦堂(前橋市川原町、篠原邦也社長)は北橘村が今日1日オープンする宿泊保養施設「たちばなの郷 城山」内の飲食部門を受託運営する。

9面:産技センター、群大と共同開発【シンコー技研
 環境機器開発のベンチャーのシンコー技研(太田市大久保町、石栗幸博社長、0277−79−0855)はこのほど、群馬産業技術センター、群馬大学工学部と共同で、プラズマ放電やオゾンを利用して煙と臭気を一挙に除去する装置を開発した。

◆2面:農薬検査体制を強化【食環境衛生研究所】
◆3面:2診療所核に複合型の医療施設前橋で
◆6面:樹脂性建設資材を販売
◆7面:軽自動車6ヶ月連続増
◆8面:低コストでオフィスレイアウト提案【OAプラザ】
◆10面:WALK前橋閉館発表で揺れる商店街
◆社長訪問 トキワコンクリート 堀弘司さん
 

 




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.