定期購読のお申し込みはこちらから

2005年11月3日号
Top News 機密文書処理に関心
 今年4月の個人情報保護法施行により、機密文書処理に対する関心が高まるなか、こうした文書を細断する機械“シュレッダー”が脚光を浴びている。県内でも古紙改修業を柱とする2社が相次ぎ、シュレッダーを搭載した専用車による出張細断事業をスタート、引き合いを増やしている。一方、個人情報保護の薄かった中小企業もこぞって小型シュレッダーを導入している。これまで企業の保有する機密文書は、排出する事業者自らが清掃センターに出向き焼却処分するケースが多かったが、焼却処理は環境負荷が高いことなどから、他県では受け入れを禁止する自治体も出てきている。このため、今後もシュレッダーの普及はもちろん、同機器を活用した機密文書処理サービスへの関心も高まりそうだ。

News Selection
1面:観光トップセールスへ
 小寺知事は17日から台湾・台北市内で開かれる「第13回台北国際旅行博」に出席する。知事がこうした旅行博に出席、本県の観光資源を売り込む“トップセールス”を行うのは就任以来初めてで、県内観光関係団体は「業界にとって大変ありがたい。観光群馬を盛り上げる大きな支えになる」と歓迎している。

7面:太田に認定中古車店【モトーレン群馬
 BMWの正規ディーラー・モトーレン群馬(高崎市浜尻町、新井栄一社長・027-362-2020)は11月中旬、太田市に同社2カ所目の中古販売拠点を開設する。認定中古車50台を展示、月販20台を目指す。東毛地区の認知度を上げるのが狙いで今期(05年12月期)売上高50億円達成をより確実なものにする。

9面:抜け毛絡まず洗い流し【あぜがみシール印刷】
 あぜがみシール印刷(藤岡市下戸塚、畔上賢治社長・0274-23-7238)は独自構造のシャンプーブラシを考案した。現在、商品化に向け商社とタイアップし詳細を詰めており、来春にも発売する計画だ。

◆2面:「観光振興」小野里県議に聞く
◆3面:医療モール付マンションを高崎・前橋で
◆6面:ウッドチップ平板を販売【小林工業】
◆8面:リラックスラボ開設【ユーリカ】
◆9面:家畜排せつ物を有効活用【県】
◆10面:環境にやさしいイルミネーション【高崎高島屋】
◆インタビュー 県鍼灸按摩マッサージ指圧師会会長 香取利雄さん
◆社長訪問 ファームドゥ 岩井雅之さん
 
 




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.