定期購読のお申し込みはこちらから

2005年09月29日号
Top News ブログ-情報の双方向性がカギ
 専門的な知識がなくとも開設でき、更新が容易などの観点から個人を中心に爆発的な広がりを見せている「ブログ」に県内の企業関係者も注目し始めた。企業関係者のブログというといわゆる「社長日記」的なものが一般的だったが、最近ではブログシステムの持つ特性を生かし「広報誌の代わり」や「販促の手段」として利用する企業も出てきている。

News Selection
3面:個別に就職サポート【セイデン】
 求職者と求人企業の仲介を行うセイデン(高崎市西島町)の「おしごと紹介センター」(高崎市末広町)は、若者を対象に個別サポートを始める。希望する進路ごとに3つのコースを設置し、それぞれ専属のスタッフが情報提供や仕事の紹介などを有料で行うもので、12月からスタートする。

6面:内部監査の視点で【群馬中央総合研究所
 群馬中央総合研究所(群馬県前橋市、三谷徹男社長)は22日、群馬産業技術センター(前橋市亀里町)で「第1回群馬県ISO内部監査員大会」を開いた。ISO規格の内部監査員や管理者が対象で、県内外から90人が参加した。

10面:エコウィルを本格販売【東京ガス群馬支社
 東京ガス群馬支社(高崎市東町134-6、緒形憲支社長)は家庭用ガスコージェネレーション「エコウィル」の本格販売に乗り出す。イベントで省エネなどの利点をアピールするほか、建築業者との連携を模索。

◆2面:検査費用、旅館業社に【県レジオネラ検討委】
◆3面:在宅フィットネスを提案【ファクト・スポーツ】
◆7面:渋川にセルフGS【清水石油】
◆9面:独自のチャック板商品化【ジュンコーポレーション
◆10面:地域住宅交付金が決定【県と18市町村】
◆社長訪問 COCO-LO 雅楽川陽子さん

 




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.