定期購読のお申し込みはこちらから

2005年09月22日号
Top News 宅地分譲「街づくり」から
 住宅販売の群馬セキスイハイム(前橋市南町3-35-3、高山芳典社長)は全国的にみても珍しい“街づくり”から取り組んだ宅地分譲を邑楽郡大泉町で手掛ける。消費者へのアンケート結果を基に「全区画南向き」「オープン外構」などを採用。「敷地に無駄を出しても資産価値の高い街づくりを」(高山社長)と考えた。同社はこの手法を今後の宅地分譲に取り入れていく。

News Selection
1面:31施設の公募終了
 県は、06年4月に予定する県有施設への指定管理者制度導入に向け、施設ごとに指定管理者の公募をおこなってきたが、今月30日が締め切りの群馬フラワーパークを除き、申請受付が終了した。

3面:高崎に独立型結婚式場【ティープロダクト
 ウェディングプロデュース業のティー・プロダクト(高崎市江木町、平児玉博樹社長)10月1日、高崎市内で初という独立教会型結婚式場「レイ・オブ・バースチャーチ」をオープンする。併設のパーティールームは1日1組限定。今後、同タイプの施設で他県にも進出する計画だ。

9面:箔押し加工を効率化【あぜがみシール印刷
 あぜがみシール印刷(藤岡市下戸塚479-3、畔上賢治社長)はこのほど、印刷時の箔押し加工の効率化を図る独自機器「HAREL05」を開発した。熟練技術が要求される箔版貼作業を容易に行えるようにしたもので、箔資材大手の村田金箔とタイアップして普及促進を図る。

◆2面:つなぎ資金の融資促進【北関東参官学研究会】
◆7面:沿線地域との一体化加速【上信電鉄】
◆8面:既存店を来店型に移行【ケイアイプランニング】
◆9面:スキミング防止カードが好評【大洋】
◆10面:25番目の市街地再開発事業【高崎市】
◆社長訪問 あぜがみシール印刷 畔上賢治さん 中央自動車工業 伊草勝幸さん
 




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.