定期購読のお申し込みはこちらから

2005年08月25日号
Top News 根づくか、高級車市場
 トヨタ自動車が全国の専売拠点で展開する高級車ブランド「レクサス」が30日からいよいよ始動。県内は高崎、前橋、太田の3ヶ所で同時オープンする。投入される車種の販売価格は390−630万円。店舗も1店当り5-10億円。「最高のもてなし」で高級感を演出、富俗層獲得の挑む。同業者間では「市場の起爆剤になる」、「競争激化はさけられない」、「お手並み拝見」といったさまざまな受け止め方があるが、消費生活面で高級化と大衆路線の2極化が進む中で、ブランド力により客層を選別するレクサス戦略が、マイカー王国・群馬でどんな実績を残すか、注目される。

News Selection
2面:県内信金初の新事業へ【ぐんま信用金庫】
 ぐんま信用金庫(前橋市千代田町、小川了理事長)は県内大学と取引先を結ぶビジネスマッチングの斡旋など、新規事業にのりだす。今月上旬に本店内に新規事業を統括する専門部署を設置。産学連携ほか県内の信金では初となるシンジケートローンのアレンジャー業務やCLO(ローン担保証券)の取り扱いなどを模索する方針。同信金では支店・出張所を通じ取引先に提案、同事業の浸透を図る。

3面:総合ブライダル拠点開設【経営戦略会議】
 冠婚葬祭事業を手掛ける経営戦略会議(福井久社長)はこのほど、結婚式場や美容室、衣裳室などを備える「ザ・ブライダルハウス」(前橋市石倉町)をオープン、同時に本社を同市小相木町から移転した。今後は県外にも進出する予定。

9面:ボタンレスのキーボード【エクセレントサービス】
 福祉機器開発を手掛けるエクセレントサービス(前橋市荒牧町4-3-4・小林健一社長・027-219-1322)はこのほど、ボタンレスタッチ式の福祉向けキーボードを開発した。薄く軽量で持ち運びに便利なほか、キートップの文字の大きさを従来の4倍程度まで拡大し、目が不自由な高齢者などでも使いやすくしているのが特徴。福祉施設などを中心に提案していく方針だ。

◆2面:県内信金初の新事業へ【ぐんま信用金庫】
◆3面:産学連携商品を投入【ほんやら堂】
◆7面:ゴルフ場、飲食店と連携事業【アークタクシー】
◆8面:国産木材需要拡大テーマの住宅【数寄清計画研究所】
◆10面:破砕木材でカラー舗装【県森連】
◆インタビュー JA群馬中央会会長 奥木功男さん
◆社長訪問 ダイハードクロム 藤枝剛人さん
 




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.