定期購読のお申し込みはこちらから

2005年05月26日号
Top News 吉岡に天然日帰り温泉【グレースイン前橋】
 ビジネスホテル「グレースイン前橋」を運営するケイティエスホテルシステムズ(前橋市千代田町5-20-6、久保田利雄社長・027〜235〜1000)は、商業集積が急速に進む北群馬郡吉岡町の吉岡バイパス沿いに、天然日帰り温泉施設を開業する。7月にも温泉の掘削作業に入り、2階建て延べ約3300uの施設を建設、来年4月のオープンを目指している。土地、建物を含めた投資額は約16億円。年間50万人の利用を見込むという娯楽施設の進出で、同バイパスの集客力がさらに高まることになりそうだ。

News Selection
3面:葬儀場前橋で攻勢【経営戦略会議
 冠婚葬祭業の経営戦略会議(前橋市小相木町、福井久社長)は年内までに、葬儀場を前橋市内に4ヶ所オープンする。このうち利根西地区初進出となる大友町には、タイプの異なる2施設を7月に同時オープン、攻勢をかける。「現在20%にとどまっている市内でのシェアを50%が当面の目標」(同社)。また同社はこのほど、葬儀業者の格付け期間「JECIA」(東京都新宿区)から最高ランクの認定を受けた。

7面:高前バイパスに2店目【アイ・エム・シー
 クリーンオート(高崎市)のグループ会社で輸入車販売を手掛けるアイ・エム・シー(伊勢崎市宮子町3479-10、茂木進社長・0270〜20〜6632)は7月1日、高前バイパス沿いに「MINI(ミニ)高崎」(高崎市小八木町3000-19)を新築オープンする。MINIの正規ディーラー店としては伊勢崎店につぐ県内2店目の出店。これまで手薄だった西毛地域を強化する。

10面:自主防災住宅を展開【フィッツ
 住宅建設、防災機器開発などのベンチャー企業フィッツ(伊勢崎市中町749-2、鶴岡照靖社長・0270〜40〜5669)は、自社開発した雨水浄化システム、自家発電設備などを設置した自主防災住宅の展開に注力する。今後手掛ける住宅は標準で自主防災仕様とし、坪単価50万円を切る価格で提供。併せて各種防災設備の販売を行っていく。

◆2面:来年度、観光学科開設へ【高崎経済大学】
◆3面:県内での営業強化【セコム上信越】
◆7面:荷物のコンビニオープン【長岡運送】
◆8面:2社共同でモミの木家具を販売
◆9面:RCカー世界的メカニックとタイアップ【仁テック】
◆特集:FA・設備特集
◇就任 三菱電機群馬製作所所長 秋山雄一さん
◇社長訪問 長岡運送 長岡治さん  




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.