定期購読のお申し込みはこちらから

2005年04月07日号
Top News 04年の新設法人-土木・建設中心に1242社
 新設法人は土木・建設関係が多く、IT関連は意外と少なかった。群馬経済新聞社が04年の県内の新設法人件数を調べたところ、こんな傾向がわかった。新設法人は総数で1242社で業種別では「土木・建設・建築」が目立ち166社。IT関連会社は51社だった。資本金でみると300万円が最も多く全体の約70%を占めている。新事業創出促進法の一部改正による最低資金規制特例、いわゆる「1円企業」の設立数は125社だった。

News Selection
1面:県内各企業で入社式
 新年度がスタートした1日、県内各地で入社式が一斉に行われ、厳しい就職戦線を勝ち抜いた新入社員が、期待と不安を抱えながら新社会人としての一歩を踏み出した。入社式のなかで企業トップは「変化への対応」や「チャレンジ精神」の大切さなどを新入社員に送っていた。

3面:県内最大級スーパー吉井にオープン【カルチャー
 カルチャー(群馬郡榛名町中里見、中嶋雄三社長)が建設を進めていた県内最大級の食品スーパー「パワーセンターうおかつ吉井店」(多野郡吉井町池52−1、中嶋太店長・027〜386〜0177)が完成、14日にオープンする。ワンフロアで高い天井高の開放的な売り場、店内の壁面に描かれてた絵など、独自の店づくりに取り組んでおり、注目を集めそうだ。
 建物は床面積6600平方bで、売り場は合計4620平方b。このうちカルチャー部分が3960平方b、残りはドラッグストアの飯塚薬品(前橋市日吉町)がテナントで入る。

3面:相互施設利用で提携【メモリード・ぐんかん
 冠婚葬祭事業を手掛けるメモリード(前橋市大友町、吉田茂視社長)と、ぐんかん(前橋市本町、小林正明社長)がこのほど提携、それぞれの会員は相互の施設やサービスを利用できるようになった。
 提携によって、メモリードが県内に持つ葬祭12施設と婚礼6施設、ぐんかんの葬祭2施設とレンタル衣装2店を相互利用できる。

◆2面:群大、東和と包括協定
◆7面:セルフ作業式「レンタルガレージ」導入【小幡ボデー】
◆8面:駐車場に太陽光発電システム設置【サイテックス】
◆9面:増加件数全国1・04年県内工場立地
◆10面:インテリアのプロと連携【立見建設】
◇インタビュー 高崎市長 松浦幸雄さん
◇社長訪問 中央自動車倉庫 新井越雄さん アド・バルーン 高橋邦夫さん 




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.