定期購読のお申し込みはこちらから

2005年2月17日号
Top News 東莞に鉛フリーハンダライン【群馬電機】
 電子機器製造の群馬電機(山田郡大間々町大間々760、関基社長・電話0277〜73〜2417)は中国子会社、東莞群馬電子有限公司(廣東省東莞市)のプリント基板生産設備に鉛を使用しない鉛フリーハンダ施設導入を進めており、今月中にも本格稼動する。受注増に加えて、環境有害物質排除に積極的な欧州や国内向け製品を中心に、環境負荷の少ない資材で生産可能な高レベル設備が必要と判断し、投資に踏み切った。合わせて本社工場にも生産性強化のための新設備を導入。合計で約3億円強の設備投資となる。

News Selection
1面:15億投じ、前橋に新工場【上越印刷工業
  上越印刷工業(前橋市小神明町575−1、藤咲匡弘社長・電話027〜234〜2212)は、オフセット輪転機専用の「オフ輪大渡工場」(前橋市大渡町)に隣接し、新工場を建設、4月1日から稼働する。総設備投資額は約15億円。工場内に県内初となる「A横輪転機」を1台導入、県内でも増加傾向にある無料情報誌の需要に対応する。新規分野の開拓によって、早期の年商100億円体制を構築したい考えだ。

3面:店内に試し履く用公園=y楽歩堂靴店
 健康靴専門店「楽歩堂靴店」(法人名シュー・フォーラム、高崎市緑町4−7−7、澁谷則明社長・電話027〜364〜6414)は、店舗を約2倍に増床し、26日にリニューアルオープンする。これまで整形外科靴が中心だったが一般ブランドの靴を強化することで、客層の拡大を図る。また、ソフト面も重視、店内にスタジオ、マッサージ室、履き心地を確認するための“公園”などを設置する。

3面:4月中旬にもオープン【ギガスケーズデンキ
 家電量販店のギガスケーズデンキ(茨城県水戸市、加藤修一社長)が、商業集積の進む吉岡バイパス(県道前橋伊香保線)沿いに計画している「ケーズデンキ前橋本店(仮称)」のオープンが、早ければ4月中旬となることがわかった。県内最大級となる同店の出店で今春以降、販売競争が過熱するのは必至だ。

◆2面:製造業者向けビジネススクール【ハルナビバレッジ】
◆7面:環境関連事業に参入【ジャパンネットプラス】
◆8面:特約店向け研修機関を開設【富士重工業】
◆9面:神奈川工場を増強移転【アイ・シイ・エス】
◆10面:県産材住宅を官民をてこ入れ
□社長訪問 曽我製粉 曽我隆一さん
         関東いすヾ自動車 飯島清さん




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.