定期購読のお申し込みはこちらから

2005年1月13日号
Top News 地域商品券 消費者に好評
 県内各地の商工会議所、商工会は地域の商業振興と活性化、消費者の流出防止を目的として、特典の付加された地域商品券を発行している。自治体からの補助金と商工会議所、商工会の予算を充てることで、購入金額より10〜20%程度多い商品を購入できるとあって、地域限定であるものの、ほとんどが即日完売となるなど一般消費者にはおおむね好評のようだ。しかし一方では、市町村合併で来年度以降の見通しが立たないという問題や、一時的な効果に過ぎないのではという懸念もある。県内商工会のプレミアム付き商品券の実情を探った。

News Selection
2面:温泉入り化粧石鹸【伊香保温泉】
 伊香保温泉の若女将らで構成する伊香保おかめ堂本舗はこのほど、伊香保古来の源泉「黄金の湯」を配合した化粧石鹸「香湯ツルスベ石鹸」を開発した。会員らの旅館ほか町内15軒前後の旅館、ホテルで販売。今春には伊香保温泉にちなんだ茶菓子、漬物などの加工食品を商品化する考えで、同団体では「伊香保の名物になれば」と期待を寄せている。

9面:PC出張サポート開始【システムハウスグローバル】
 ソフト開発のシステムハウスグローバル(藤岡市上栗須479−1、浅川岩雄社長・0274〜23〜8258)はこのほど、パソコンの出張サポートサービスを開始した。
パソコンのトラブルやインターネットの設定、ネットワーク構築など、さまざまプランを用意しており、きめ細かなニーズに「通常の4分の1程度」(同社)という低価格で対応する。

9面:岩鼻工業団地に進出【シミズプレス】
 金型設計・製作、プレス加工を手掛けるシミズプレス(高崎市倉賀野町2987、清水紀幸社長・027〜320〜2880)はこのほど、業容拡大を図るため、高崎市の岩鼻西工業団地に進出、全面移転した。移転を期に新型のサーボプレス機を導入し、厚板や深絞り加工の対応を強化。新たな取引先を開拓していく方針で、5年後には年商を現行(05年4月期1億1000万円)の2倍強にあたる2億4000万円にまで引き上げる。

◆2面:県内全域の宿泊施設を紹介【県旅館ホテル生活衛生同業組合】
◆3面:パチンコ・ネットカフェの複合店【NEXUS】
◆7面:レクサス店開設準備進む【県内トヨタ系列】
◆8面:金属繊維の開発強化【竹村】
◆10面:指定管理者制度、県内でも
□インタビュー 井上 新甫さん
□社長訪問 コオエーインターナショナル 青木隆一さん ティー・エム・エス 佐々木高之さん




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.