定期購読のお申し込みはこちらから

2004年6月24日号
Top News 伊勢崎中心部で宅地分譲【金井工事】
 総合建設業の金井工事(太田市植木野町892−1、金井潔社長・電話0276〜25〜2288)はこのほど、JR伊勢崎駅の北東約500メートルに位置する同市柳原町の繊維工場跡地を取得、60戸の宅地用地として整備し、年内にも分譲を開始する。同駅周辺では伊勢崎市も市営住宅の建設を進めるなど、中心市街地の定住人口増加に向けた取り組みを進めている。同社の今回の分譲住宅事業も、中心市街地回帰、活性化を後押しするものとして期待される。

News Selection
1面:玉村に低温倉庫建設【関東運輸
 関東運輸(前橋市下佐鳥町468−1、細野勝年社長・電話027〜265〜1112)は、約8億5000万円を投じ佐波郡玉村町に同社最大の低温物流センターを建設した。既存の常温倉庫と併せ、県央物流センターとして今月末から稼働する。これを機に、保管・仕分け・配送業務の一体化と、複数の荷主の荷物を同一の配送先に一括配送する共同配送システムを強化し、新規取引先の開拓につなげる。

3面:10月、伊勢崎に葬儀場【経営戦略会議
 冠婚葬祭業の経営戦略会議(前橋市小相木町327、福井久社長・電話027〜219〜3633)は10月、伊勢崎市内初となる葬儀場「天国社ロイヤルシティーホール伊勢崎」(伊勢崎市柳原町49−5)を開設する。旧テレホンメガネの本社屋を取得、全面改装するもので、同社では最大の施設となる。投資額は土地建物の取得と改装で約3億2000万円、月間20件の施行を目指す。

9面:法定外検査の対応強化【平和衡機
 計量器の製造販売、計量業務を手掛ける平和衡機(高崎市問屋町3−5−5、横田貞一社長・電話027〜362〜3351)は検査、校正業務を強化する。ISOなどの品質保証規格の普及により、法定外の検査需要が高まっており、12月をめどに新工場棟を建設、最新鋭の検査室を設置するほか、新たな製造設備も導入。経営の高付加価値化を図る。

◆2面:新規事業参入へ工場改修【三和食品】
◆7面:店舗隣接地に中古展示場【東日本新キャタピラー三菱群馬支店】
◆8面:黒保根に竹炭会社設立【竹炭工房くろほ】
◆10面:完全保証制度を新活用【公庫と木住協】
□めっき特集・
就任:県旅館ホテル生活衛生同業組合理事長 入内島一崇さん 
◆社長訪問  石関プレシジョン 石関誠二さん 





Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.