定期購読のお申し込みはこちらから

2004年5月27日号
Top News 大型スポーツアミューズメント施設オープン
  ゲームセンターを展開するアフェクト(多野郡吉井町岩崎2296−1、久保田昭彦社長・電話027〜388〜5015)は11月、県内最大級の総合スポーツアミューズメント施設「高崎スポーツセンター」を多野郡吉井町池に開設する。約2万1000平方メートルの敷地内にフットサル(ミニサッカー)専用コートやバッティングセンター、ゲームセンター、インターネットカフェなどを設置、24時間営業を基本とする。バッティングセンターを中心とする複合施設はこれまでにも県内にあったが、フットサルコートまで備えるところはなかった。新たなレジャースポットとして注目を集めそうだ。

News Selection
1面:前橋大島駅前に斎場【経営戦略会議】
  冠婚葬祭業の経営戦略会議(前橋市小相木町327、福井久社長・電話027〜219〜3633)は23日、JR前橋大島駅前に斎場としては4カ所目となる「天国社VIP(ビップ)ハウス」(同市天川大島町1325)をオープンした。1戸建て形式の式場を2棟設け、「家族が・自宅感覚・でゆったり過ごせる施設」(同社)とした。オープン初日の内覧会には地域住民ら約600人が来場した。

7面:激戦区高前バイパスに出店【エフエスオート】
 フレッセイグループで輸入車販売のエフエスオート(前橋市・植木威行社長)はこのほど、「アレーゼ群馬」(前橋市小相木町)を国道17号(高前バイパス)沿いに移転、「アルファロメオ高前」(高崎市小八木町1028、・027〜362〜9100)としてオープンした。国産・輸入車が店舗を構える・激戦区高崎ディーラー街・への進出で、知名度向上と集客の増大へ県外からの来店客を見込む。

9面:大型部品向けスピンドルライン導入【イイダ】
  自動車のアフターパーツ製造やプラスチック・金属塗装を手掛けるイイダ(富岡市田篠533、飯田邦雄社長・電話0274〜63〜3538)はこのほど、同市中高瀬の塗装工場を増設、中・大型のプラスチック部品に対応したスピンドル塗装ラインを導入した。同社ではこれまで、小型部品の塗装を中心に手掛けてきたが、これにより、受注の幅を広げることが可能となる。自動車やパソコン部品などの需要を見込んでおり、塗装事業の月商を現行の1500万円から2000万円に引き上げる。

◆2面:茨城豆腐メーカーが本県進出【三和豆友食品】
◆3面:前橋南部に生活雑貨店【パスポート】
◆7面:画像収集管理ソフト販売【中央電機商会】
◆8面:自動車販売店を葬儀場に転用【鈴木葬儀社】
◆10面:県有施設省エネ化にエスコ事業導入
インタビュー:群馬県立女子大学教授 片桐庸夫さん 
◆社長訪問  カースチール 中島朗さん オアシスプランニング 笠原新一さん
エスト・スリー 斉藤陽一さん ユニゾン 中里哲也さん
特集:FA・設備投資




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.