定期購読のお申し込みはこちらから

2004年5月20日号
Top News 生活情報誌三つどもえ
 前橋と高崎をジャストエリアとする無料生活情報誌「月刊Vien(ヴィアン)」がこのほど創刊した。今年2月設立のジャスト(高崎市緑町2−9−1、平尾真一社長・電話027〜370〜7373)が立ち上げたもので、ポスティング形式を中心に約25万部を発行。同様の情報誌としては「月刊ぷらざ」と「月刊パリッシュ」がしのぎを削っているが、「読み物中心の誌面構成やテレビ番組表の掲載などで差別化を図る」(同社)。一部で「商圏的に2誌で限界。飽和状態にある」との声も聞かれる。今後、競争が激しさを増していくことになりそうだ 。

News Selection
3面:県内最大のゲーム・音楽ソフト店【ワンダーコーポレーション】
  中堅スーパー、カスミのグループ会社でゲーム・音楽ソフト販売店「ワンダーグー」を全国展開するワンダーコーポレーション(茨城県つくば市、小林哲美社長)は来年1月にも、同業態としては県内最大規模となる売り場面積2500平方メートルの直営店を高崎市内に開く。同市内の既存小型店2店を統廃合し設けるもので、今後も大型店中心に県内展開を進める。来春をめどに伊勢崎市内に出店するほか、館林と富岡でも既存店の拡張移転を検討している。
 「ワンダーグー高崎店」(高崎市緑町4−9−1)の出店予定地は、国道17号線問屋町入り口の交差点を問屋町方面に入って約100メートルの遊技場跡地。約6700平方メートルの敷地に2階建て、延べ床面積3900平方メートルの店舗を建設する。

3面:人材派遣で先行取得【日本ピー・テクニック】
 人材派遣、衣料品販売の日本ピー・テクニック(前橋市天川大島町1316−37、石田辰夫社長・電話027〜287〜1072)はこのほど、品質マネジメントの国際規格ISO9001を認証取得した。
 登録範囲は人材派遣、業務請負における人材コーディネイト及び人材派遣、請負に関する業務と衣料品などの販売と販売企画など。本社と高崎市内にある若者向け衣料品店「ブリーズ」「ブリカブラク」が対象事業所。審査登録機関は日本能率協会(東京都港区)。

3面:朔詩舎リニューアル【スワン】
 レストラン・ブライダルのスワン(前橋市大渡町1−20−11、萩原康充代表・電話027〜252〜6212)は6月9日、敷島公園入り口の創作フランス料理店「朔詩舎」(前橋市岩神町)をリニューアルオープンする。従来の雰囲気を残しつつ、老朽化した部分を補修、ガーデンスペースを整備する。レストランウエディングの利用拡大も見込む。
 同店は前橋市出身の詩人、萩原朔太郎にちなんだレストランとして朔太郎自筆の原稿や初版本など資料展示コーナーを設置。観光スポットのひとつとして、県内外の文学ファンなどが集まる場所として知られる。レストランウエディングの利用も年間25組前後ある。

◆7面:廃車の最終処分工場見学【カースチール】
◆8面:リサイクルボードの製造機開発【シグマ機器】
◆9面:ハイテクベンチャー「ユニゾン」が始動
◆10面:古民家再生プロジェクト始動【びゅうヴェルジュ安榛名】
インタビュー:三立応用化工会長 佐羽秀夫さん 
◆社長訪問  丸大オヲツヤ商店 稲村啓さん C.I.A 星野健二さん ハウスアンドガーデン 根岸喜久夫さん




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.