定期購読のお申し込みはこちらから

2004年1月15日号
Top News
カーボンでダイヤモンドカッター基盤【三山産業】
2004年1月15日
 ダイヤモンドカッター基盤製造の三山産業(群馬郡群馬町菅谷20−706、寺沢国彦社長・電話027〜372〜1362)は4月、カーボン材を使用した独自のダイヤモンドカッター基盤の販売に乗り出す。同基盤は群馬高専や県産業技術センター(旧工業試験場)など、県内公的研究機関の知恵を結集し、共同開発した製品で、鋼系に勝る強度と抜群の軽さが売り物。従来の基盤材とはまったく違う素材だけに業界内の注目も高まっている。

News Selection
3面:8月に相次ぎ出店【ベルク
2004年1月15日
 埼玉を中心に展開するスーパーのベルク(埼玉県大里郡寄居町、原島功社長)は8月、前橋と高崎市内に相次ぎ出店する。市内初出店となる前橋大島店(松並木土地区画整理事業地内)は競合店が集まる激戦区、高崎日光店(高崎市日光町97−1)は工場跡地への出店。2店のオープンにより同社の県内店舗は7店舗となる。
 前橋大島店の出店地は上毛新聞マイホームプラザ中央会場の跡地。オープンは8月13日の予定。総床面積は約3400平方メートルで、売り場面積は約2300平方メートル。
 一方、高崎日光店の出店先は合成樹脂製造の昭和高分子(東京都千代田区、山村敏夫社長)が、工場集約のため02年9月に生産休止した高崎工場跡地で現在は更地となっている。オープン予定は8月25日。敷地面積は約1万3500平方メートル。

3面:葬儀アルバム好評【サンネット
2004年1月15日
 写真アルバムの制作、販売のサンネット(前橋市剴町161−5、中村謙介社長・電話027〜290〜3800)では、「葬儀アルバム」事業が好評だ。葬祭業者と提携し、葬儀の模様を撮影、制作、一冊の写真集として販売するもの。「全国的にも珍しいサービス」(同社)として、今後は県外展開を推進する方針。
 同社は02年9月、ソフト開発のプランニング(住所同)の営業部門を分社化する形で設立。当初、結婚式やイベントなどのアルバム制作を行っていたが、競合他社が多かったため、ニッチ(すき間)分野の葬儀関連に軸足を移した。

10面:安中榛名に県産材住宅
2004年1月15日
 JR東日本などが分譲中の大規模住宅団地「びゅうヴェルジェ安中榛名」で、県内工務店の組合が建てた県産材住宅が好評だ。昨年10月からの第1期分譲で建売住宅5棟を販売したほか、建築条件付き宅地分譲でも引き合いが相次いでいる。組合関係者は「地元の木を使い、しっかりとした造りが評価されたのでは」と自信を深めている。
 県産材住宅を担当しているのは県内工務店など39社で組織する群馬住宅建築工事業協同組合。JR側は第1期分譲の目玉である建売住宅をバラエティに富んだものにしようと、ハウスメーカー5社のほかに、工務店約600社が加盟する県木造住宅産業協会に協力を依頼した。しかし同協会は工事を受注する資格がないことから、協会員が加入する群馬住宅建築工事業協同組合が工事を請け負った。

◆2面:学校給食に新地粉パン導入
◆8面:自動ニットほどき機を開発【大鈴工業】
◆9面:新型空気清浄機を販売【グンゴー】
◆インタビュー:ねんりんぴっく事務局長 渡 知多美さん
◆社長訪問 テクノソレイユ 斎藤 英男さん みまつ食品 神山 健さん
数寄清計画研究所 荒井 清一さん 本橋 本橋 威さん 




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.