定期購読のお申し込みはこちらから

2003年10月16日号
Top News
たいやき・和菓子の新業態【ホットランド】
2003年10月16日
 たこ焼き店「築地銀だこ」を展開するホットランド(桐生市広沢町4−2430、佐瀬守男社長・電話0277〜53〜5255)は、たいやきや和菓子などを販売する新業態店の展開を始めた。9月20日に神奈川県内に1号店をオープンしたのに続き、8日には佐波郡東村のショッピングセンター(SC)「アピタ」内へ出店。さらに年内にFC(フランチャイズチェーン)店と直営店を1店ずつオープンする計画。佐瀬社長は「主婦や高齢者がほっとできる場所を提供したかった。・銀だこ・に続く事業の柱に育成したい」と話している。
 店舗の名称は「鎌倉山あずき茶屋」。1店目は神奈川県鎌倉市の本店。単独店で店舗面積は約130平方メートル。
 アピタ内の伊勢崎東店の店舗面積は約50平方メートル。併設するイートインスペース(共用)の広さは約90平方メートルで48席。スタッフはピーク時で6〜7人。月商700万円を目指す。

News Selection
3面:高崎にアジア創作料理店【雅秀殿】
2003年10月16日
 レストラン経営の雅秀殿(栃木県宇都宮市、膝附政義社長・電話028〜651〜0555)は21日、県内初となる大型アジア創作料理店「食king Fun(ショッキングファン)」を高崎市内にオープンする。20代後半の女性をメーンターゲットとし月商2500万円を目指す。来年3月には同一建物内に雑貨店をオープンし複合店とする予定だ。
 高崎店(高崎市高関町317−4)は国道354号線沿いの鉄鋼材メーカーの工場を改装した。敷地面積は3630平方メートル。
 建物は一部2階建て、延べ床面積は1120平方メートル。このうち飲食の部分が503平方メートルで、雑貨店が入居予定の物販部分が617平方メートル。
 工場のく体を壊さず、鉄骨や大型クレーンなどをそのまま活用。店内の柱や梁には100年以上前の古材を使用するほか、家具、調度品は中国やバリなどアジア各地から調達した。

6面:県内初「あいおい損保J特級取得【東部オート】
2003年10月16日
 中古車販売の東部オート(高崎市小八木町1538、新井栄一社長・電話027〜363〜2311)はこのほど、あいおい損害保険の「J特級」を県内で初めて取得した。CS(顧客満足度)向上が狙い。通常、取り組み開始から取得まで1〜3年を要するが、同社は6カ月と全国最短記録を更新した。
 「J特級」は同損保が大型モーター代理店向け(ディーラーは除く)に創設した最高種別。同社は全国で16社目の取得になるが、車検・整備工場がメーンで大手中古車販売会社は初のケースとなる。

10面:ISO9001取得【高崎松風園】
2003年10月16日
 造園・園芸、陶器販売の高崎松風園(高崎市八幡原町455、山口俊彦社長・電話027〜347〜2818)は、品質マネジメントの国際規格・ISO9001の認証を取得した。造園業者では県内2社目、民間工事主体の業者では初めてで、業界の先駆けとなった。
 登録された品質システムは庭園外構の設計、施工及び引き渡し。対象事業所は本社と、生花店のローズヒル(高崎駅東口2階)。審査登録機関は日本能率協会、登録日は8月29日。
 今年創業35年を迎えるのを機に、より質の高い庭づくりと経営体質の強化、業界のレベルアップを図って取り組んだ。キックオフは昨年7月。山口俊輔造園部長・品質管理部長をリーダーに、若手12人がマニュアル作成に携わった。

◆2面:排ガス処理施設を導入【昭和食品】
◆7面:工場併設のセルフスタンド開設【群馬商事】
◆8面:管理型処理機を開発【ハイテク】
◆9面:アルミダイカスト製品を精密抗菌【トライ】
◆10面:都市再生モデル調査県内6件が選定
◆社長訪問 リムーブ 内藤雅之さん
◆インタビュー 県フロン回収事業協会長 細谷力雄さん




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.