定期購読のお申し込みはこちらから

2003年10月02日号
Top News
高崎に相次ぎ2店舗−中小飲食・小売店向け業務用スーパー
2003年10月02日
 中小飲食店や小売店などの業務店を対象とする「業務用スーパー」がこのほど高崎市内で2店舗相次いでオープンした。売り場面積500平方メートル前後の小型店で冷凍食品や調味料、缶詰、乾物、飲料などをキロ単位、箱詰めなどで販売。広告費や人件費の抑制による低価格が特徴だ。業務用が中心ではあるが、「・プロの料理人・が使う食材を家庭でも」と主婦など一般消費者の取り込みも狙っている。県内ではこれまでなじみが薄かったが、イタリアンをはじめ飲食店が比較的多い土地柄、今後もこの新業態スーパーは増加していきそうだ。

News Selection
3面:オーダースーツも3プライス【都丸洋服店】
2003年10月02日
 オーダースーツも3プライスで−−。郊外型紳士服店ではお馴染みになった同サービスを創業70年以上の老舗(しにせ)・都丸洋服店(前橋市問屋町1−11−3、都丸智雄社長・027〜251〜4129)が始めた。4万8000円、5万8000円、6万8000円の3種類で、150種類の生地から選ぶことができる。1着に対してベテランの職人1人が採寸から縫製まで責任をもって仕上げる。・注文紳士服の入門編・と位置付け、新規層の開拓を狙う。月間30着の販売を目指す。
 同店は売り場面積230平方メートルで、生地は常時200着をストックしている。職人は4人。仮縫い付き仕立て上がりは7〜8万円が目安。
 「都内でオーダーメードを作った経験のある人なら安さを実感してもらえるはず」(都丸社長)。

9面:高機能凝集剤を開発【マーク】
2003年10月02日
 水質浄化剤の開発、販売などを手掛けるマーク(前橋市下川町、三浦洋社長・027〜287〜4181)はこのほど、高機能凝集剤を開発、10月末から販売する。従来の凝集剤に比べ、吸着能力が格段に高いことから、熊谷組(東京都新宿区・東証1部)がトンネル工事用に採用するなど、引き合いが相次いでおり、来春にも高崎市の関連会社「星野家具」(高崎市並榎町、星野幸也社長)に生産プラントを設置。生産体制を確立するとともに、トンネル工事以外でも下水やし尿処理など、さまざまな用途が見込めることから、積極的に提案していく方針だ。

10面:木づくりの教会 榛名町へ
2003年10月02日
 高崎市に程近い榛名町本郷にこのほど、同町初のキリスト教会「はるなキリストの教会」が建った。建てたのは同町出身で、東京で長らく伝道者として務めてきた小幡史朗さん。建設資金をはじめ、備品の多くは善意の寄付でまかなわれ、建設会社の協力で建築コストも抑えられた。50年ぶりの故郷で小幡さんは、長年の夢である「キリスト教の原点に帰った素朴で温かな教会」を実現しようと張り切っている。
 高台に建ち、板張りの外観がひときわ目立つ教会堂は、床面積約127平方メートル。内部もパイン材を壁に張り、明るく清々しい雰囲気に仕上げている。床は全面床暖房。一般住宅と同じフローリング材だが、誰でも気兼ねなく入れるようにと土足で開放している。
 入口付近には、男女別に広々としたバリアフリーのトイレを設けた。切り詰めた予算の中、暖房洗浄便座にしたのはお年よりの使い心地を考えてのことだ。ホールは多目的に使えるよう、固定した席を設けずに椅子を置いている。約100人まで収容可能だ。

◆2面:西日本へ販路拡大【食環境衛生研究所】
◆6面:県民意識調査【連合群馬】
◆7面:環境配慮型へ全面改装【ホンダクリオ群馬】
◆8面:入退室管理システム提案【インターシェアードジャパン】
◆社長訪問 味ぐんぐん 松澤達也さん 海洋電機 柴崎勝美さん
         フジピットサービス 斎藤昌幸さん
◆拠点 久永洋行群馬仮事務所




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.