定期購読のお申し込みはこちらから

2003年08月28日号
Top News
昭和の名車 70台常設展示【伊香保おもちゃと人形博物館】
2003年08月28日
 年間入館者数が40万人を超える「伊香保おもちゃと人形博物館」(北群馬郡吉岡町上野田2145、横田正弘社長・電話0279〜55〜5020)は04年4月、昭和の国産名車を中心に70台を展示する自動車博物館を開設する。既存施設の一部を解体して3階建ての展示場を新設する。全車新車に近い状態にまでレストア(修復)するのがポイントで、全国的に見ても珍しいという。レストアだけで700〜800万円を要する車もあり、総投資額は4億円を見込んでいる。

News Selection
1面:ジュニアゾーン強化【高崎高島屋】
2003年08月28日
 高崎高島屋(高崎市旭町45、山口裕店長・電話027〜327〜1111)は28日、6階こども服フロアをリニューアルオープンする。これまで品ぞろえが薄かった小学生高学年から中学生のジュニアゾーン強化を図る。
 新規オープンするのは、子供服メーカーのナルミヤインターナショナル(東京都)が展開する「ジュニアシティ」(132平方メートル)。「ブルークロス」「メゾピアノ」「エンジェルブルー」など5ブランドが入る。

2面:夢二デザイン浴衣が人気【竹久夢二伊香保記念館】
2003年08月28日
 竹久夢二伊香保記念館(北群馬郡伊香保町544−119、木暮享館長・0279〜72〜4788)は夢二デザインの浴衣原画を忠実にプリントした「夢二デザイン浴衣」を販売している。7月中旬に発売し、既に100着以上を販売した。
 同館は81年の開業。3万3000平方メートルの雑木林の中に本館や新館の「夢二黒船館」などがある。夢二研究の第一人者故・長田幹雄氏から寄贈されたコレクションを中心とした絵画、商業デザイン、ポスター、著書などの所蔵作品は1万6000点に上る。
 浴衣は、夢二生誕120周年記念事業として発売した。同館は夢二が描いた浴衣柄の原画を約60点所蔵しているが、今回は20点を選び商品化した。色は紺が中心だが、赤やピンクもそろえ、柄は洋風柄や文字を散りばめて描いたものなどバラエティーに富んでいる。

3面:新業態「鉄板食堂」を多店化【ホットランド】
2003年08月28日
 たこ焼き店「築地銀だこ」を展開するホットランド(桐生市広沢町4−2430、佐瀬守男社長・0277〜53〜5255)は、「鉄板焼き」をテーマにした新業態店「鉄板食堂」の多店舗化に乗り出した。桐生市内に昨年12月開いた1号店が好調なことから、伊勢崎市宮子町の商業集積地内に25日、伊勢崎店をオープンした。来月9日には神奈川県内のGMS(総合スーパー)にインショップ形式の店舗をオープンする。タイプの異なる直営店3店舗でノウハウを蓄積、パッケージ化を図り、来年中にFC(フランチャイズチェーン)展開をスタートしたい考え。
 伊勢崎店の出店地はベイシアやシネマコンプレックス(複合映画館)などからも近い好立地。店舗は平屋建て約170平方メートル。客席はテーブル席のみで64席。駐車台数約30台。スタッフ約20人。営業時間は午後5時(土日祝日は正午)から深夜零時まで。

◆2面:環境会計を公表【ハルナビバレッジ】
◆8面:自主防災のサバイバル実験【群馬大学・たてぬま建設】
◆9面:24年の歴史に終止符・中小企業技術振興展
◆10面:住宅設計と模型製作1つのソフトで【エービーネット】
◆社長訪問:コモチ 斎藤 晴海さん
        エスビック 柳澤 佳雄さん
◆就任:全国地ビール醸造者協議会会長 毛塚 茂平治さん
◆拠点:をくだ屋技研高崎営業所




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.