定期購読のお申し込みはこちらから

2003年07月10日号
Top News
「鉛フリーはんだ」へ対応加速−プリント基板業界
2003年07月10日
 企業活動の環境への配慮を求める動きが強まるなか、電子機器関連業界でプリント基板への「鉛フリーはんだ」の採用が急ピッチで進んでいる。県内でも、基板の実装業者が同はんだに対応する設備投資に力を入れ、装置メーカーは同はんだに適した装置を相次ぎ市場投入している。ただ、プリント基板実装は特に海外移転が進んでいる分野。鉛フリーによって、国内実装業者がいかに生き残りを図れるか。また、現在は受注を伸ばしている装置メーカーとしても、今後いかに海外に売り込んでいけるかが新たな課題だ。

News Selection
流通・サービス:出張サービスを展開・ハートメガネ

2003年07月10日
 このほど会社更生法の終結決定を受けた、眼鏡専門店チェーン、ハートメガネ(伊勢崎市柳原町49-5、中村豊社長・電話0270-40-7007)は18日、新しい販売スタイルや出張サービスを導入した店舗を前橋市市内に開設する。既存の「ハートメガネ」をリニューアルするもので、今後の方向性を探る実験店と位置付ける。出張サービスは、外出が困難な高齢者や忙しいサラリーマンなどをターゲットに展開、出張料金は取らずに店頭価格で提供する。

製造・ソフト面:針なしルアー開発・プリモテック
2003年07月10日
 ソフトウエア開発やプリント基板設計などを手掛けるプリモテック(高崎市双葉町3−1、澤田稔社長・電話027〜325〜1980)はフックレスのルアーを考案、特許を出願した。すでに試作品が完成しており、今後、釣具メーカーなどに提案、実用化を目指す。
 同社は沖電気工業から独立し、昨年4月に設立したばかりの新会社。情報関連機器の事業を幅広く手掛けているほか、環境関連事業などにも力を入れており、今回の試みもその一環。障害物に引っかかり、放置されたルアーやラインに小動物が絡む事故などを防げるほか、釣った魚を傷めないメリットがある。

東毛面:2種類店舗で出店拡大・ケイズダイニング

2003年07月10日
 不動産業のケイアイプランニング(埼玉県本庄市)の外食部門を担当するケイズダイニング(埼玉県本庄市見福3−14−17、塙圭二社長・電話0495〜27〜2525)は11日、太田市飯塚町に和風創作料理店「よるべ」(太田市飯塚町1606−2、・電話0276〜46〜8282)をオープンする。同社が伊勢崎・高崎に出店している和風創作料理店「精進 庵」の姉妹店として、出店地などに合わせて2種類の業態を使い分け、県内や埼玉県に年間2店舗、5年で10店舗の出店を目指す。
 同社は昨年から、和風創作料理を多店舗展開する小林事務所(兵庫県川西市、小林敬社長)のフランチャイズチェーン(FC)として、30代以上の男女をターゲットにした「精進 庵」を出店。今回第1号店を出店する「よるべ」も基本的には小林事務所のFCだが、オリジナリティーを出すため、レストランウエディングやパーティーに対応し、店名も同社独自のものとした。

◆就   任:理想の都市建設研究会・萩原 渉氏
◆社長訪問:豊長自動車・長尾 秀夫氏
◆企画特集:マイタウン前橋市
◆建設面:苦情相談が相談・住宅アドバイザー
◆群経杯ボウリング大会:アキレスが3度目の優勝
◆食品・観光:岩手の農家と出荷契約・MMJ
◆建設面:外食事業に参入・上柿建設
◆流通・サービス面:経営支援課が本格稼動・ぐんま信金




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.