定期購読のお申し込みはこちらから

2003年06月26日号
Top News
隣のアウトレット あなたはどっち派?
2003年06月26日
 「佐野プレミアム・アウトレット」(栃木県佐野市、南昌孝支配人・電話0283-20-5811)がオープンして3ヶ月が経過した。地元にアウトレット施設がない群馬県は栃木、埼玉に次いで来場者数が多く全体の15%を占めている。スタートは順調で、初年度来場者見込み320万人突破は間違いない。一方、「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」(長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢、柳沢和良支配人・電話0267-42-5211)は、佐野オープンの影響で5%程度売上げが減少。来春には新アウトレットモールを開業し、巻き返しを図る。同施設の来場者比率でも群馬は第3位(13%)。本県の消費者動向が両施設の業績を左右すると言っても過言ではない。

News Selection
アクセサリーや美術品店頭で、高付加価値販売−都丸洋服店
2003年06月26日
 フルオーダースーツ専門店でアクセサリーや美術品を販売。この珍しい試みは、都丸洋品店(前橋市問屋町1-11-3、都丸智雄社長・電話027-251-4129)で実施しているもので、「今後も相性の良い物が見つかれば売り場を提供したい」(都丸裕子さん)としている。

電子ビーム溶接開始−モテギ
2003年06月26日
 自動車部品製造のモテギ(邑楽郡大泉町東小泉1-29-6、茂木透社長・電話0276-63-7301)はこのほど、電子ビーム溶接装置を導入した。従来溶接と比較すると精度、強度ともに優れており、既に自動車エアバッグ部品の受注を確保。また、今後は自動車部品以外の取引先を広げるべく、「戦略的設備」(同社)として活用する。

注文相次ぐ「虎だるま」−須田ダルマ店
2003年06月26日
 阪神タイガースの快進撃は高崎産の「虎だるま」が支えている!?
 縁起だるまを製造する須田ダルマ店(高崎市下大島町、須田又八代表)では、4年前から黄色のだるまに黒のしまが入った「タイガースだるま」を作っている。今シーズンはチームの好調さを背景に注文が殺到、うれしい悲鳴を上げている。

◆食品・観光:コージェネレーション導入・新進
◆流通・サービス:高崎に新コンセプト店・ハーフトーン
◆7面:新たな販売網を導入・富士スバル
◆東毛面:自家焙煎コーヒーを宅配・カフェアルコ
◆建設面:ISOをダブル取得・増田建設
◆就任:日本銀行前橋支店長 福田 一雄氏
◆拠点:鶴見製作所 前橋営業所




Copyright(C)2000 Gunma Keizai Shinbun All Rights Reserved.