「“葬儀の道”を究めたい」プリエッセ副社長 竹内一普さん

2009年12月10日 7:45 AM

プリエッセ副社長 竹内一普さん

 老舗葬儀会社の家に生まれたが、自ら葬儀の道を究めようと思った端緒は前社長で実父の成幸氏が48歳の若さで急逝したことにある。弱冠20歳のときだった。厳しさで定評のあった京都の葬儀会社を修業先に選んだのもそのせいだ。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る