『冷感グッズ』でクールに、猛暑で関連商戦好調

2012年7月26日 9:00 AM

 夏本番−−。最高気温が35度以上の猛暑日も続いた。一方で電力不足が懸念されるため、「節電の夏」を乗り切る「冷感グッズ関連商戦」が盛り上がりを見せている。高崎市に本社を置く雑貨製品メーカーでは昨年の2・4倍のクール商品を市場投入。高崎市の老舗寝具専門店ではオリジナルのリネンガーゼケットが7月初旬に売り切れ、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る