女性を守る染色加工開発【朝倉染布】

2009年12月17日 7:32 AM

右が特殊加工水着。赤外線透過撮影をしても下の模様が透けない

 撥水(はっすい)加工などの特殊染色加工を手掛ける朝倉染布(桐生市浜松町、朝倉剛太郎社長)は、赤外線使用による水着やシャツを透過した盗撮を防止する、ナイロン素材用赤外線吸収加工「peep cut」を開発した。学童用水着に採用されており、このほど加工を開始。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る