群馬に「チャイルドライン」を【チャイルドラインぐんま準備会】

2009年5月12日 9:00 AM

 18歳までの子どもが匿名で掛けられる相談電話、チャイルドラインを群馬でも開設しようと、チャイルドラインぐんま準備会(亀田好子代表)が発足。11月の開設を目指し、電話の受け手養成講座を今月から開始する。第1回講座は公開とし、基調講演とシンポジウムを行う。
 チャイルドラインは世界各国で実施されており、聞き手が子どもの話にひたすら耳を傾け、助言は一切しないのが特徴。子どもは自分をそのまま受け止めてもらうことで自尊心を取り戻したり、人間や社会への不信感を取り除く効果があるとされる。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る