住宅・商業地すべて下落

2011年9月23日 9:00 AM

 11年7月1日を基準に、県土地・水対策室がまとめた県内430地点の地価調査結果によると、厳しい景気を反映して全用途の対前年平均変動率は4・5%減と3年連続で下落幅が拡大し、1993年(平成5年)から19年連続で下落した。対前年変動率がプラスまたは横ばいの地点はなく、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る