災害対応自販機を投入【サンデン】

2011年6月29日 9:00 AM

5年間で1万5000台のの販売を見込む

 サンデン(伊勢崎市寿町、木内和宣社長)は東日本大震災の発生を受け、災害などで停電になった場合でも、商品を提供できる飲料自動販売機「エネレンジャー」を開発、販売を開始した。同社では以前から災害対応自販機「GFVライフベンダー」をラインアップしていたが、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る